スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

はぐくみ支え合うまち・京都ほほえみプランについて

ページ番号284850

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年5月25日

 京都市では,平成30年3月に京都市障害者施策推進計画,障害福祉計画及び障害児福祉計画の3つの計画を一体的に策定した「はぐくみ支え合うまち・京都ほほえみプラン(計画期間︓平成30年度~令和5年度)」(以下「ほほえみプラン」という。)に基づき,保健福祉だけでなく,教育,住宅,まちづくり等の広範囲な分野にわたる障害者施策全般に取り組んでいます。

 

はぐくみ支え合うまち・京都ほほえみプランの中間見直しについて(第6期障害福祉計画及び第2期障害児福祉計画の策定等)

 令和3年3月に,第5期障害福祉計画・第1期障害児福祉計画(計画期間:平成30年度~令和2年度)の計画期間が終了することから,第6期障害福祉計画・第2期障害児福祉計画を策定するとともに,折り返しを迎える障害者施策推進計画についても,制度見直しや新事業等に対応した取組を反映する中間見直しを行いました。

はぐくみ支え合うまち・京都ほほえみプランの中間見直しについては,こちら。

 

はぐくみ支え合うまち・京都ほほえみプラン(京都市障害者施策推進計画・第5期障害福祉計画・第1期障害児福祉計画)について

 平成30年3月に,福祉・保健・医療・教育・労働などに関わる様々な障害者施策を総合的に推進するため,平成30年度から令和5年度までを計画期間として定めました。

 京都市では,共生社会の実現に向け,「障害のあるひともないひとも,すべてのひとが違いを認め合い,支え合うまちづくりを推進する」を基本方針として掲げ,基本方針に基づき,5つの施策目標を設定するとともに,各施策を横断し,すべてを貫く重要な視点として「重複障害などへの複合的支援」,「複合差別解消」,「地域生活移行」,「障害児施策」といった,4つの重点目標を定めています。

はぐくみ支え合うまち・京都ほほえみプランについては,こちら。

 

過去の計画

障害者施策推進計画

支えあうまち・京都ほほえみプラン(京都市障害者施策推進計画)

 計画期間:平成25年度から平成29年度までの5年間

支えあうまち・京(みやこ)のほほえみプラン(京都市障害保健福祉推進計画)

 計画期間:平成20年度から平成24年度までの5年間

 

障害福祉計画

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション