スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

Q3 京都市内の街路樹にはどのような歴史があるのですか?

ページ番号109975

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年7月1日

A 平安京の時代から街路等に並木が植栽されていた記録があります。社寺参道の並木の例としては,北野天満宮前(西暦995年)や南禅寺前(西暦1395年)などにマツ並木が植栽されていたと言われており,街道並木の例としては,加茂街道に宝永年間(西暦1704~1710年),安永年間(西暦1772~1780年)に京都所司代によってクロマツが植栽されたと言われております。

 本市における近代的な街路樹としては,明治45年(西暦1912年)に福羽子爵が大森京都府知事に贈ったユリノキを烏丸通(京都駅~丸太町通)に植えたのが始まりとされています。

関連コンテンツ

街路樹よくある質問

お問い合わせ先

京都市 建設局みどり政策推進室

電話:075-222-4114

ファックス:075-212-8704

フッターナビゲーション