スマートフォン表示用の情報をスキップ

新型コロナウイルス感染症陽性者発生時の連絡方法

ページ番号294085

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年7月20日

新型コロナウイルス感染症陽性者発生時の連絡方法

障害保健福祉推進室における新型コロナウイルス感染症に関する連絡方法について,以下のとおり,お知らせします。

 【令和4年1月28日修正】

 報告書は陽性者が出た場合に提出してください。


 【令和4年7月19日修正】

 ・報告様式の一部修正。

 ・新型コロナウイルス感染症初動対応フロー図(訪問系サービス)を掲載。

 ・ケア内容からみた「濃厚接触」早見表を掲載。


1 障害保健福祉推進室への連絡が必要なケース

次の場合は、障害保健福祉推進室まで連絡をしてください。

・ 利用者、職員に感染者(検査で陽性になった方)が発生した場合

※感染者が発生していない場合でも、多数の濃厚接触者が発生し、事業所を閉鎖される判断をされる際も報告書を提出してください。

※ただし、報告書は以下の場合は提出不要です。

 ・職員が感染し、感染可能期間に、利用者や自事業所、他事業所との接触がない場合

 ・利用者が感染し、感染可能期間にサービス提供がない場合

2 障害保健福祉推進室への連絡方法

以下の書類を障害保健福祉推進室の以下のアドレスにe-mailで送付してください。

 【メールアドレス】 [email protected]

 【送付時の宛先】

  訪問系サービス ⇒ 在宅福祉第一担当

  (居宅介護・重度訪問介護・同行援護・行動援護・計画相談支援・地域相談支援・移動支援・訪問入浴サービス)

  通所・居住・入所系サービス(上記サービス以外)⇒ 施設福祉担当

 <送付物>

新型コロナウイルス感染症陽性者等が発生した場合の報告について(報告書)

※陽性者が1名でも出た時点で、その時点で把握している情報を記入できる範囲で記載し、速やかに送付してください。

※未終結だが状況に進展があった場合:第1報で御提出いただいた報告書の「その他欄」に追記のうえ、続報として御提出ください。

※こちらから折り返し御連絡させていただくことがあります。連絡がつきやすい電話番号を記載してください。

※報告書の送付後、重ねて送付された旨の御連絡は不要です。

新型コロナウイルスに感染された方が発生した際の初動対応(訪問系サービス)について、以下のフロー図も御参照ください。

新型コロナウイルス感染症初動対応フロー図(訪問系サービス)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
濃厚接触を特定する際に、以下の資料も御参照ください。

https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000287819.html

・ケア内容からみた「濃厚接触」早見表

ケア内容から見た「濃厚接触」早見表

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション