スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

個人市・府民税に係る減免制度~新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ~

ページ番号270068

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年6月2日

新型コロナウイルス感染症拡大防止のために

 お手元に納税通知書をご用意のうえ,まずは電話で下記問い合わせ先までご相談いただきますようお願します。減免についてのご説明,お手続きの方法及び必要な書類等についてご案内させていただきます。

 また,申請期限は,原則として納期限までとなりますので,その日までに減免申請書及び添付書類を提出(必着)してください。

 なお,新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から,書類の提出にあたっては可能な限り郵送による申請を御活用ください。

 ※申請書類は,ページ下部のリンクよりダウンロードできます。

個人市・府民税に係る減免制度<新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方向け>

趣旨

新型コロナウイルス感染症による影響により,個人市・府民税を納めることが困難である場合は,申請により税額を減免できる場合があります。

対象<新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方向け>

減免の要件
失業された場合次の3点すべてに該当する場合,申請によって申請日以後に到来する納期の税額が「免除」又は「5割減額」となります。

・主となる収入源が給与であったが,離職により申請日現在失業中(どこにも雇用されていない方)である。

・申請日現在求職活動を行っている。又は 妊娠,疾病により労働の意志があるにもかかわらず仕事につけない。

・減免対象年度の総所得金額等の合計額が次の額以下である。

  【免除】100万円+(扶養数×30万円)以下

    【5割減額】150万円+(扶養数×30万円)以下
廃業等により所得が減少された場合

次の3点すべてに該当する場合,申請によって申請日以後に到来する納期の税額が「5割減額」又は「3割減額」となります。

・退職や廃業・休業など,所得減少の原因となる事由がある。 (退職や廃業・休業などの事由がなくても,新型コロナウイルス感染症の影響により所得が減少した場合は,所得減少の事由に含める。)

・減免対象年度の総所得金額等の合計額が150万円+(扶養数×30万円)以下である。

・所得減少事由があった年の総所得金額等の合計額÷減免対象年度の総所得金額等の合計額が10分の7以下である。

  【5割減額】10分の5以下

    【3割減額】10分の5超 10分の7以下  
生活保護を受けている場合1月2日以降に生活扶助を受給開始した場合や生活扶助以外の保護(教育扶助・住宅扶助・医療扶助・介護扶助・出産扶助・生業扶助・葬祭扶助)を受給している場合も申請によって申請日以後の納期の税額が「免除」となります。

※「減免対象年度の総所得金額等の合計額」については,納税通知書の次の欄をご確認ください。

・納税通知書<6月当初発行分>:「市民税・府民税 課税明細書(1)」の「総所得金額等の合計額」の欄

・納税通知書<6月以外随時発行分>:「課税標準及び所得控除の内訳等」の「総所得金額等の合計額」の「決定額」の欄

※廃業等により所得が減少された場合の減免については,所得減少事由のあった年の総所得金額等の合計額のわかる書類を提出していただく必要があるため,減免の決定は原則翌年になります。それまでの間は税額は変更されませんので,一旦減免前の税額をお納めいただく必要がありますが,減免適用となった場合で還付金が発生する場合は還付をさせていただきます。なお,納付が困難な場合は,申請により納税が猶予される場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

※新型コロナウイルス感染症の影響等により,市税の納付が困難な場合は,申請により納税が猶予される場合があります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

申請方法・申請期限

 お手元に納税通知書をご用意のうえ,まずは電話で下記問い合わせ先までご相談いただきますようお願します。減免についてのご説明,お手続きの方法及び必要な書類等についてご案内させていただきます。

 また,申請期限は,原則として納期限までとなりますので,その日までに減免申請書及び添付書類を提出(必着)してください。

 なお,新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から,書類の提出にあたっては可能な限り郵送による申請を御活用ください。

個人市・府民税に係る減免制度~新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ~

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

個人市・府民税減免申請書類(様式)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

問い合わせ先

京都市市税事務所市民税室

〒604-8175 中京区室町通御池南入円福寺町337 ビル葆光

市税事務所の問い合わせ先

担当名

担当地域

電話番号

市民税 第1担当

中京区

075-746-5819

北区・上京区

075-746-5824

市民税 第2担当

山科区・伏見区醍醐

075-746-5837

伏見区・伏見区深草

075-746-5834

市民税 第3担当

右京区

075-746-5843

西京区・西京区洛西

075-746-5849

市民税 第4担当

左京区・東山区

075-746-5863

下京区・南区

075-746-5872

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

フッターナビゲーション