スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

伏見区役所ロビーに「淀川三十石船」の模型を展示!

ページ番号273114

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年7月28日

伏見区役所ロビーに「淀川三十石船」の模型を展示!

 400年以上も前から「伏見港」などを中心に水運の拠点として栄え,発展した伏見。江戸時代には酒や米,旅客を運ぶため,伏見と大坂との間を行き来する「淀川三十石船」が登場しました。この度,伏見区役所1階ロビーで,船大工七代目の野崎志朗氏が約50年前に製作された三十石船の100分の1の模型を展示。ぜひご覧になって,港町伏見の歴史を感じてください!

淀川三十石船の100分の1の模型

淀川三十石船の100分の1の模型

淀川三十石船の由来

淀川三十石船の由来

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 伏見区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-611-1293 地域防災担当,調査担当,企画担当:075-611-1295

ファックス:075-611-4716