スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【3月9日】伏見区役所が京都文教大学・文教短期大学,京都府立京都すばる高等学校と連携・協力に関する包括協定を締結!

ページ番号266707

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年3月16日

【3月9日】伏見区役所が京都文教大学・文教短期大学,京都府立京都すばる高等学校と連携・協力に関する包括協定を締結!

 3月9日,伏見区役所は,向島を中心とした南部エリアでの「住んでよし」「訪れてよし」「働いてよし」「未来よし」の持続可能なまちづくりを推進するため,京都文教大学・文教短期大学,京都府立京都すばる高等学校とそれぞれ包括協定の締結式を行いました。

 締結式では,京都文教大学・文教短期大学の平岡学長と馬屋原区長が協定書に署名。続いて,京都すばる高等学校の三橋校長と馬屋原区長が協定書に署名し,その後,3者が笑顔で固い握手を交わしました。

 

 馬屋原区長からは,「学の知の集積と学生のエネルギーとチャレンジ精神を活かして,まちづくりの取組をさらに進化させ,将来的には,この枠組みに地域の事業者や経済団体も交えた,「産学公」の連携に発展させていきたい。」と抱負が述べられました。

 また,京都すばる高等学校の三橋校長は,「これまでの連携・協力の関係をさらに進めるとともに,文部科学省からの指定を受けた「京都すばる高校のみんなごと化プロジェクト」を通じて,生徒の主体的な学びや対話を深めていきたい。」と挨拶。

 最後に京都文教大学・短期大学の平岡学長からは,建学の理念の共生(ともいき)に関連して,「この協定をプラットフォームにして,お互いがwin-winになる共生(ともいき)の関係づくりを進めていきたい。」と決意が述べられました。

 伏見区役所では,今回の協定を契機に,高校・大学・行政の連携・協力をさらに深め,向島をはじめ,伏見区全体の持続可能なまちづくりに取り組んでいきます。

 


包括協定の締結式でがっちりと握手を交わす
平岡学長(写真左),馬屋原区長(写真中央),三橋校長(写真右)


包括協定式の様子

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

伏見区役所 地域力推進室 企画担当:075-611-1295 ファックス: 075-611-4716