スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【~11月25日】京セラ美術館で「第3回日本陶磁協会奨励賞関西展」を開催中!

ページ番号244453

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年11月2日

【~11月25日】京セラ美術館で「第3回日本陶磁協会奨励賞関西展」を開催中!

 11月25日まで,伏見区の京セラ美術館で「第3回日本陶磁協会奨励賞関西展」が開催中です。

 この関西展を記念し,10月27日,同美術館で伏見区在住の陶芸家深見 陶治氏と森 孝一氏(日本陶磁協会常任理事)による特別講演会を実施。

  「自分にとってのやきものとは」をテーマにした対談の中で,深見氏は「作り手が周りの評価に惑わされずに,自分が納得できる,自立できるものを作っていけるがどうかが重要。」と力説されたほか,陶磁器への情熱溢れるお話に,会場に詰めかけた聴衆は熱心に耳を傾けていました。

 また,当日は近くの城南宮でこの関西展を記念した記念茶会も開催。奨励賞に選ばれた陶芸家などが制作した茶碗で薄茶を楽しめるとあって,来場者の方々は自分のお気に入りの茶碗を見つけて,思い思いに茶席を楽しんでいました。

 

「第3回日本陶磁協会奨励賞関西展」は,11月25日まで京セラ美術館で開催中です(10時~17時,入場無料)。

 https://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/exhibition/tojikyokai2018.html外部サイトへリンクします


深見氏(写真左)と森氏(写真右)による特別講演会の様子


城南宮での記念茶会の茶器 


城南宮での記念茶会の屏風(日月)と花

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

伏見区役所 地域力推進室 企画担当:075-611-1295 ファックス: 075-611-4716