スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市伏見区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【10月20日】龍谷大学深尾 昌峰教授のゼミ生が取り組む「もったいないスーパー」に行ってきました!

ページ番号244177

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月20日

【10月20日】龍谷大学深尾 昌峰教授のゼミ生が取り組む「もったいないスーパー」に行ってきました!

 賞味期限が近づく食品を寄付してもらい、無料で提供する「もったいないスーパー」が,10月20日,龍谷大学深草町家キャンパスで開催され,今回で4回目を迎えました。

 龍谷大学制作学部深尾ゼミナールの大峠 翔さんに,「もったいないスーパー」の仕組をお伺いしました。
  「食品ロス(※)の発生→食品を寄付で回収→もったいないスーパーで食品を配布→ゴミにならずに人々に循環」という捨てられるはずだった食品が他の人に渡り,循環するという仕組。
 こうしたエコ活動を通じて,区民の皆さまに,食品ロス削減への理解と実践の輪を広げています。

 町家では,子どもが楽しく学べる「リサイクルかるた」や生ごみの水切りゲーム,大学生と語るエコカフェなども行われていました。

※「食品ロス」
  売れ残りや期限を越えた食品,食べ残しなど,本来食べられたはずの食品のこと。

(参考1)食品ロス問題に大学と地域が取り組む!全商品0円の京都発「無料スーパー」の開催についてhttps://www.ryukoku.ac.jp/nc/news/entry-2554.html外部サイトへリンクします

(参考2)京都市「食品ロス削減全国大会 in 京都」の開催 及び 食品ロス削減月間の創設について
https://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000242773.html

 


第4回Kyo 0 market(「無料スーパー」)開催!


もったいないスーパーの仕組み


スーパー開店から1時間半が経過。
配布する食品もあと僅かです。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

伏見区役所 地域力推進室 企画担当:075-611-1295 ファックス: 075-611-4716