スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市長のページ

ページ番号32584

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年12月18日

世界文化自由都市・京都の実現を目指して

門川大作京都市長の写真

 

 皆さんの御支援をいただき,市長に就任して早10年。この間,徹底した現地現場主義で約八千の市民活動や市政の最前線を訪れ,京都の今を見つめ,未来のためにまい進してまいりました。

 「美しいまち京都が誇らしい」「まち歩きを安心して楽しめるようになりました」。多くの方からこうしたお声を頂く度,京都のまちが着実に深化してきたことを肌で感じ,嬉しく,御尽力の皆さんに感謝しています。

 そして平成30年は,京都が最高の都市理念として掲げた世界文化自由都市宣言から40年の節目。「広く世界と文化的に交わることによって,優れた文化を創造し続ける永久に新しい文化都市-」。この理想の実現を目指し,「文化」を基軸としたまちづくりを更に加速させる年になります。

 文化庁が機能を強化し,2021年度に京都へ全面的に移転。これを大きな力に,子育て支援や教育・福祉,観光,景観,環境,中小企業の活性化,雇用の創出,安心安全など,あらゆる施策に文化で横串を通す。さらに,文化や地域活動に親しむ「京都ならではの働き方改革」でまちに一層の活力を生み,地方創生のモデルを示す。その決意を新たにしています。

 そしてもう一つの節目は,明治維新から150年。都の地位を失い,都市存亡の危機を迎えていた京都を,全国初の小学校や芸大,工業高校の創設,琵琶湖疏水や市電の開業などで見事に復興させた先人たち。その志と偉業に学び,共に挑み続ければ,様々な課題を克服し,世界文化自由都市の理想を実現できる。私は確信しています。

 「日本に,世界に,京都があってよかった」と多くの方に実感していただけるよう,共々に全力を尽くします。

 

 

  • 門川市長とゲストが京都のまちづくりについて語る「京都大好きトーク!」を京都新聞に掲載しています。"京都大好き"な思いを,ぜひ共有してください! (掲載内容はこちら)外部サイトへリンクします外部リンク
市長記者会見
市長の動き
市長への手紙
市長プロフィール
副市長プロフィール
歴代市長,副市長(助役)
市長交際費

お問い合わせ先

京都市 総合企画局市長公室広報担当

電話:075-222-3094

ファックス:075-213-0286

フッターナビゲーション