スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

下鳥羽地域包括支援センターが3学区対象に合同防災研修会を開催!

ページ番号226631

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年3月29日

 9月26日【火】午後2時から,下鳥羽地域包括支援センターが管轄する,下鳥羽,南浜及び板橋の各学区の住民を対象に,伏見区役所において防災研修会を開催しました。

 当日は,約30名の参加者があり,平成25年の台風18号のときに,浸水がどれくらいあったか,どの辺りが浸水していたかなど,地元住民しかわからない話もあり,各地域の特色や実情に応じた災害への対応を話し合いました。

 


 各学区の地図にAEDや避難所を示したり,地震の時には飲料水の確保ができるなどの理由から自動販売機の場所も示されていました。

 また,過去の台風で浸水した箇所を示すため,シールを貼り付けていくと,地元の役員や地域包括支援センターの職員からも予想していない場所があったのか,驚きの声が上っていました。


参加者の感想

・ 地図に示すと,AEDの設置場所が多いことに驚いた。
・ AEDは,事業所内には設置されていても,住宅地域には,少ないことが分かった。
・ 浸水箇所は,同じような高さの土地でも,ガレージなどの若干低くなっている部分に浸水が集中することが改めて分かった。

福祉避難所の説明(伏見区社会福祉協議会から)

 要配慮者の方でも,いきなり福祉避難所に避難してもは入れません。

 一般の避難所に避難してから,専門の方が,福祉避難所に避難したほうが良いと判断された方が避難する事ができます。

 福祉避難所の数も収容人数も少ないです。

 


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局伏見消防署

電話:075-641-5355

ファックス:075-643-1999