スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

塔南分団

ページ番号179117

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年9月18日

塔南分団


所在地

 南区西九条御幸田町12 九条塔南小学校内

管轄区域の紹介

 塔南分団が管轄する塔南学区は,日本の大動脈である国道1号線を中心に東西に広がる地域で,昔の町並みが現在も残る中,事業所や高層マンションなどもあり,まさに新旧が混在している地域です。

 また,九条塔南学区では伝統ある稲荷祭が毎年催されており,この祭事では地域全体が熱気に包まれます。

分団紹介


 
 塔南分団員は,平成30年4月1日現在,総勢17名で,30才代から70才代と,幅の広い世代が集まっている分団です。モットーは「一致団結」です。
 自分たちの地域を自分たちで守るため,この一致団結精神で,日々,防火・防災の啓発運動や訓練に励んでいます。

活動紹介

「よい子の消防フェスティバル」に参加(平成30年2月20日)


 塔南分団では,南消防署が毎年実施している「よい子の消防フェスティバル」に参加しました。
 分団長が災害現場に出動する服装で,会場に集まった約150名の園児の前に現れ,体全体を使ったゼスチャや,自作した大きなライターを使って,「火遊びをしないように,また,火事を見つけてら大きな声で大人の人に知らせてね」と呼び掛けました。
 みんな楽しそうに笑顔で聞いてくれ,そして最後に「火遊びはしませ~ん。火事だー!と大人の人に伝えます」と元気いっぱい約束してくれました。

九条塔南学区東ブロック消火実験会での防災指導(平成29年9月10日)


 九条塔南学区では,学区内を4つのブロックに分けて防災訓練が実施されています。その一つ東ブロックで防災訓練があり,塔南分団員が,消火器の取扱指導と,三角巾による応急手当を指導しました。
 参加された住民は,「いざ!の時には今日の訓練がいかせるわ。ありがとう」と言っていただき,団員としてのやりがいを感じる防災訓練となりました。
 
※応急手当で使用した傷口は,なんと,分団長の手作りです。血はケチャップで,こちらも参加者から感心していただきました。

みんなでつなぐ命のリレー!普通救命講習を実施(平成27年7月19日)

 塔南分団では,九条塔南学区自主防災会に対し,普通救命講習の指導を行いました。

 救急件数増加という実情の中で,バイスタンダーとして,適切な行動がとれる学区民を一人でも多く増やすため,普通救命講習の実施に力を入れ,毎年実施しております。

 今回は暑い中,約40名の方に来ていただいて,心肺蘇生法やAEDの使い方などを中心に,応急手当の方法を指導し,命の大切さをアピールしました。

 今後も自主防災会,消防署とともに協力して,普通救命講習を継続的に実施していきたいと思っています。(分団長・下郷 吉昭)



このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局南消防署

電話:075-681-0711

ファックス:075-671-1999