介護サービスの利用手続

ページ番号183055

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年1月4日

 介護保険のサービスを利用するためには,申請をして「要介護認定」を受ける必要があります。

 

申請

1 申請

お住まいの区の窓口で申請してください。

 

申請に必要な書類

(1)要介護認定等申請書

(2)介護保険被保険者証 (原本)

(3)認定調査連絡票(※「新規申請」及び「要支援からの変更申請」の場合のみ)

(4)医療保険被保険者証(※第2号被保険者のみ,原本又はコピー)

(5)個人番号カード 等(原本又はコピー)

 平成28年1月から申請書へのマイナンバー記入が必要になります。また,記載された番号が正しいかどうかの「ア 番号確認」と申請者の「イ 本人確認」を行いますので,次のものをお持ちください。

 ア 被保険者の番号確認書類

  個人番号カード,通知カード,マイナンバーが記載された住民票・住民票記載事項証明書のいずれか

 イ 窓口に来られる方の本人確認書類

  個人番号カード,運転免許証など顔写真付きの官公署発行の証明書1点(顔写真がないものの場合は2点以上)

 

申請を行う方

(1)ご本人又はご家族

(2)高齢サポート(地域包括支援センター),指定居宅介護支援事業者,介護保険施設に申請を代行してもらうこともできます。

 ※介護保険法第27条第1項に基づき介護事業者が代理で申請手続を行うときは,必要書類「(5)個人番号カード 等」の「ア 被保険者の番号確認書類」はコピーを添付してください(郵送の場合も同様)。なお,提出代行者の本人確認書類の提示・添付は不要です。

介護事業者を通じて申請される方はこちらをご確認ください。

【様式】認定調査連絡票(*「新規申請」及び「要支援からの変更申請」の場合に添付してください。)

下矢印

要介護認定

2 訪問調査

 調査員が家庭などを訪れ,心身の状態などについておうかがいします。

3 かかりつけ医の意見書

 かかりつけ医がおられない場合は,医療機関を紹介しますので,お住まいの区の窓口でご相談ください。

 

下矢印

4 審査・判定(京都市介護認定審査会)

 介護を必要とするかどうか,また,どの程度の介護を必要とするかなどについて,審査・判定を行います。

 

下矢印

5 認定

 要支援・要介護と認定された方は,介護保険のサービスを利用することができます。要支援・要介護状態の区分に応じて利用できるサービス量や利用限度額などが決められています。

認定結果の通知は?

原則として申請から30日以内に通知されます。
※認定結果などに不服がある場合は,審査請求を行うことができます。

 

下矢印

要介護状態の区分(平成18年4月から)

6 <非該当と認定された方>

6 <要支援1・2の方>

 介護予防サービス計画の作成 ( 高齢サポート(地域包括支援センター) 介護予防支援事業所 )

 

6 <要介護1~5の方>

 介護サービス計画の作成 (居宅介護支援事業所等)

 

下矢印

サービスの契約

7 サービスの契約

 サービスを提供する事業者から「重要事項説明書」を受け取り,十分説明を受け,契約を結びます。

 

下矢印

サービスの利用

8 <要支援1・2の方>

8 <要介護1~5の方>

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局長寿社会部介護保険課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801