スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

感染症発生動向調査事業に関する届出様式

ページ番号43726

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年5月1日

感染症発生動向調査事業に関する届出様式

 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づく感染症(結核や腸管出血性大腸菌感染症など)を診断した医師の皆様には,同法第12条に基づく届出が義務づけられています。
 つきましては,以下の注意点に御注意のうえ,本市まで届け出ていただきますようよろしくお願いいたします。

1 届出先

 届出については医療衛生センター感染症対策担当までお願いします。

2 届出方法

 届出に際しては,上記届出先にお電話のうえ,FAX等で届出票を送付してください。

3 注意点

(1) 一~四類の感染症,指定感染症,侵襲性髄膜炎菌感染症,風しん及び麻しんについては,診断後,直ちに届出が必要となります。


(2) 疫学調査のため,患者情報を医療衛生センターから問い合わせさせていただくことがあります。
   一~三類感染症及び指定感染症については必ず,四類・五類感染症の一部についてもお問い合わせ又は面談させていただくことがあります。
   特に,風しん及び麻しんにつきましては,行政上の対応が必要なため,患者さま御本人にも,医療衛生センターから問い合わせいたしますので,あらかじめその旨お伝えいただきますよう,御協力をよろしくお願いします。 

 

4 医療従事者向け京都市感染症情報配信サービス

 上記により届出いただいた京都市内の感染症の発生動向を,医療機関等向けに週単位・月単位でとりまとめ,「京都市感染症週報・月報」(PDF)として定期的にメールにて配信しています。配信には登録が必要です。

 ☆配信登録はこちらでお願いします。

 

医師の届出に関する基準(ダウンロード)

参考(感染症名分類:全ての医師が届出る必要のあるもののみ記載しています)

※平成30年5月1日 急性弛緩性麻痺(急性灰白髄炎除く。)追加

四類感染症届出基準

五類感染症届出基準

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

医師の届出に関する様式(発生届ダウンロード)

四類感染症発生届

五類感染症発生届

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

獣医師が届け出るべき動物の感染症について

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室健康安全課

電話:075-222-4245

ファックス:075-222-4062

フッターナビゲーション