スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

路地のある町並みを再生する新たな制度を始めます

ページ番号178461

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年2月10日

新たな道路指定制度の創設について

 京都市内には,京町屋等の建物が立ち並んでいる路地が多くあります。
 このような古くからある路地のうち,袋路や幅1.8m未満の道に面する建物は,これまで建替えや大きな修繕が困難でした。そのため,建物の老朽化が進み,地震による倒壊や延焼拡大につながる恐れがあるなど,防火上の課題となっています。そこで,この度,地域の皆様の合意の下,一定の条件を満たす場合に建替え等ができる新たな制度を開始します。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

新たな道路指定に関する基準

京都市道路の指定等に関する基準

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申請様式

条例・規則

・条例の公布日 平成26年3月25日(京都市条例第157号)
・条例の施行日 平成26年4月1日(京都市条例第157号)
・規則の公布日 平成26年3月25日(京都市規則第182号)
・規則の施行日 平成26年4月1日(京都市規則第182号)

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築指導課

電話:075-222-3620 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション