スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

オープンガバナンスの促進についての連携の覚書を交換しました!

ページ番号290765

2021年7月14日

(一社)オープンガバナンスネットワークとオープンガバナンスの促進についての連携の覚書を交換

京都市では,第3期京都市市民参加推進計画に基づき,オープンガバナンス(※)の推進に取り組んでいます。

この度,令和3年7月14日に,オープンガバナンスの日本で唯一の調査研究機関である「一般社団法人オープンガバナンスネットワーク」代表理事奥村氏より,京都市長表敬訪問を受けるとともに,同法人と以下の通りオープンガバナンスの促進にかかる連携についての覚書を交わしました。

※市民,地域自治を担う住民組織,NPO,事業者,大学,行政機関等,多様な主体が協働して,社会課題・地域課題の解決に当たる新しい公共サービスの枠組

 

【連携先】

一般社団法人オープンガバナンスネットワーク(東京都港区 代表理事:奥村裕一)

【連携内容】
(1)オープンガバナンスの普及に関すること
(2)オープンガバナンスの担い手の育成に関すること
(3)オープンガバナンスによる諸課題の解決に関すること
(4)その他オープンガバナンスの促進のため必要と認められる事項に関すること 

【連携期間】

令和3年度~5年度


※写真は,当日門川市長と奥村代表理事が,同法人が共同主催するイベント「チャンレンジ!オープンガバナンス」で過去にファイナリストに選ばれた京都市のチームと意見交換した様子です。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局総合政策室市民協働推進担当

電話:075-222-3178

ファックス:075-212-2902

フッターナビゲーション