スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

(市役所の仕事とみんなのくらし 3)交通

ページ番号98322

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2011年3月18日


市バス・地下鉄を走らせる仕事


 「次(つぎ)は、烏丸御池(からすまおいけ)です」
 地下鉄(ちかてつ)のアナウンスが流(なが)れます。お父さんは、烏丸御池(からすまおいけ)の駅(えき)を降(お)りて少し歩いたところにある会社につとめています。

 市役所(しやくしょ)は、この地下鉄(ちかてつ)と市(し)バスを走らせる仕事(しごと)をしています。


 

京都市(きょうとし)には、烏丸線(からすません)と東西線(とうざいせん)という、2種類(しゅるい)の地下鉄(ちかてつ)の路線(ろせん)(走る道順(みちじゅん)のこと)があります。烏丸線(からすません)は、通りでいうと烏丸通(からすまどおり)の地下を南北の方向(ほうこう)に走っていて、東西線(とうざいせん)は、京都市(きょうとし)を東西に横切(よこぎ)って走っています。全部(ぜんぶ)で駅(えき)は29あり、それぞれの駅(えき)と駅(えき)を、1分から3分で移動(いどう)します。

  • 地下鉄烏丸線
  • 地下鉄東西線
ノンステップバス


 市(し)バスは、京都市内(きょうとしない)をあみの目のようにめぐらされた路線(ろせん)を走っています。路線(ろせん)は、なんと70以上(いじょう)もあり、車両(しゃりょう)の数は、750以上(いじょう)もあります。
 市(し)バスの車両(しゃりょう)には、お年寄(としよ)りや体の不自由(ふじゆう)な人でも乗(の)りやすいノンステップバスという種類(しゅるい)のバスがあります。

市(し)バスの路線(ろせん)図はこちら

地下鉄(ちかてつ)の路線(ろせん)図はこちら


 

携帯電話で、乗りたい市バスがどのへんまで近づいているかが分かる「ポケロケ」というサービスがあるのよ。
とても便利だね!
上にもどる

  • 前のページへもどる
  • トップページへもどる

フッターナビゲーション