スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

H29. 5.30 生き方探訪・チャレンジ体験

ページ番号220624

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年7月20日

生き方探訪・チャレンジ体験

 中学生の職業体験「生き方探訪・チャレンジ体験」プログラムで,勧修中学校から4人の男子が山科消防署へやってきました。

 4人は,それぞれ「将来人の役に立つ仕事につきたい」という希望を持っており,災害から人々の生命と財産を守る消防の仕事の一端を体験してもらいました。

 消防・救助・救急の基礎訓練を行い,大規模小売店舗で消防用設備等の検査に立ち会い,人命救助の基本,普通救命講習を受講し,町の安心・安全の仕組みを支える消防の役割や,実験を通じて火事が起こる原因を理解してもらいました。

 訓練では,チームで仕事をする時に大きな声で自分のしていることを相手に伝える大切さを,消火に必要な設備の点検や火災実験では,火災の怖さや,今の自分たちにできることをそれぞれ学び,短い期間ではありますが,最後に消防署を出るとき,大きな声で挨拶をした4人はちょっぴり大人の顔になっていました。

 

消防訓練のようす

消防車の装備品を見ました。
いろいろな機材がありました。
すごい迫力でした。
防火衣はとても重くて暑かったです。
ホースを伸ばします。
すごい勢いです。

救助訓練のようす

準備運動をしっかりします。
ロープを結ぶ訓練のようす
いよいよ救助訓練がはじまります。
それぞれの役割で訓練をしました。
たんかがグラグラしないように気を付けました。
声を出し,息を合わせます。

普通救命講習を受講しました。

応急手当の大切さを勉強します。
救急隊の話を聞きました。
一生けんめい押しました。
押す場所はどこかな?
声を出して押しました。
AEDも練習しました。

設備の点検,火災実験のようす

設備の説明を受けました。
屋内消火栓の説明を受けました。
火事の怖さを勉強しました。
炎や煙の怖さがわかりました。
炎にびっくりしました。
確認テストをしました。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局山科消防署

電話:075-592-9755

ファックス:075-591-1999