スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

山科少年消防クラブ8月野外研修会の結果

ページ番号203875

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月14日

山科少年消防クラブ8月野外研修会の結果

 8月7日(日曜日),右京区にある「キャンピング指月林」という施設をお借りして野外研修会を実施しました。

 クラブ員全員が,かまどの火起こし,食材の調理,飯ごうでの炊飯,調理器具・鍋・食器類洗浄の各班に分れて互いに協力してカレーを作り,チームワークの大切さを体験しました。

 今年は,初めて流しそうめんを実施し,クラブ員からは大変好評でした。

 食後には,全員で後片付けを行い,鍋や飯ごうのコゲを一生懸命に洗っているクラブ員の姿がとても印象的でした。

 施設から,乾燥させたローズマリーを使った草木染をさせていただき貴重な経験もできました。最後にすいか割りも行い,「もっと右」「もうちょっと前」など,クラブ員の大きな声が響いて,とても楽しそうでした。

 37度を超える猛暑の中でしたが,頑張って活動しているクラブ員の姿は,入会した頃よりも成長が感じられ,とても頼もしく思いました。

めい想

 活動の前に研修室で,指月林の指導員のお話を聞いてから,10分間のめい想を行いました。背筋を伸ばして窓の外のきれいな庭を見つめ,とても穏やかな気持ちになる貴重な時間を過ごしました。

瞑想

代表幹事挨拶

 「とても暑いですが,皆で力を合わせ頑張って活動しましょう」と代表幹事からお話ししていただきました。
代表幹事挨拶

カレー作り

 いよいよ活動が始まりました。まずはカレー作りです。クラブ員全員が,「かまど班」「調理班」「炊飯班」「食器・鍋の洗浄班」に分れて協力してカレーを作りました。調理を担当した6年生の女子クラブ員から,「野菜を切るのも,順序やタイミングを考えて,他の班と協調しながら手早くしないといけないので,皆で協力することの大切さがよく分かりました。」という感想を聞き,うれしく思いました。
カレー作り
カレー作り
カレー作り
カレー作り

流しそうめん

 今年は初めて「流しそうめん」をしました。用意したそうめんはあっという間になくなってしまい,皆が平等に食べられたか,ちょっと不安でしたが,「初めて流しそうめんを食べて,とてもおいしかった」「そうめんが全然流れてこなかったり,いっぱい流れてきたりして,楽しかった」など,クラブ員からは大好評でした。
流しそうめん
流しそうめん
流しそうめん
流しそうめん

カレーを食べました

 流しそうめんの次はカレーを食べました。食欲旺盛で,カレーもご飯もほとんど残りませんでした。
カレーを食べました
カレーを食べました
カレーを食べました
カレーを食べました

後片付け

クラブ員が協力して後片付けをしました。鍋や飯ごうに付いたコゲを落とすのは大変でしたが,Tシャツを真っ黒に汚しながら頑張ってやってくれました。一生懸命なクラブ員の姿には少し感動します。
後片付け
後片付け
後片付け
後片付け

草木染

 乾燥したローズマリーの花を使って草木染を体験しました。ローズマリーを煮出した鍋に布を入れて8分間染めた後,布地に色を定着させるためにミョウバン液の中に入れる媒染を行い,水洗いして乾燥させれば完成です。クラブ員は,「宿題の自由研究ができた。」と,満足そうに作品を見せ合っていました。
草木染

 指導員の方から染め方の指導がありました

草木染

布に自分の名前を書きました

草木染

 輪ゴムを使って模様を作りました

草木染

染める前に水で押し洗いをして中の空気を抜きました

草木染

染めているところです

草木染

ミョウバン液に漬けて媒染しているところです

草木染

水洗いをして輪ゴムを外します

草木染

乾燥させます

すいか割り

 すいか割りをしました。今年は指月林からしっかりした竹を御提供いただいたおかげで,すいかに命中すると見事に割れて,昨年よりも早く終わりました。「もっと前」「もうちょっと右」など,中には間違った方向を教える声も混じって,大にぎわい,大きな笑い声が響いていました。

 いっぱいあったすいかも残すことなくなくなり,とっても甘くておいしかったです。

すいか割り
すいか割り
すいか割り
すいか割り
すいか割り
すいか割り

草木染完成

 黄色のきれいなハンカチができ上がりました。
草木染完成

整列

 少年消防クラブは規律も大切です。疲れていましたが,2列に整列して,副署長から「よく頑張りました」と,最後の挨拶がありました。
整列

お問い合わせ先

京都市 消防局山科消防署

電話:075-592-9755

ファックス:075-591-1999