スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市教育委員会

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

令和2年度 京都市小中一貫学習支援プログラム業務委託におけるプロポーザルについて

ページ番号245352

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年11月25日

概要

   京都市教育委員会では,子どもたちの自学自習を支援する学習プログラムとして「学習確認プログラム」を平成18年度から本市立中学校に導入し,平成20年度からは小学校5,6年生に同方式の「ジョイントプログラム」,平成23年度からは小学校3,4年生に「プレジョイントプログラム」として拡充し,義務教育9年間を通した児童生徒一人一人の確かな学力の積み上げを図っています。

  この度,令和2年度の「京都市小中一貫学習支援プログラム」の業務委託(プレジョイントプログラム,ジョイントプログラム及び学習確認プログラム)についてプロポーザルを実施することといたしました。

  参加を希望される場合は,以下の実施概要・仕様書等をご確認いただき,ご応募ください。

 

参加資格

参加者は,次の資格要件をすべて満たしている者とします。

(1) 京都市暴力団排除条例第2条第4号及び第5号に該当するものでないこと。 

(2) 次に掲げるものを滞納していないこと。

ア 所得税又は法人税

イ 消費税及び地方消費税

ウ 本市の市民税及び固定資産税

エ 本市の水道料金及び下水道使用料 

(3)本市の競争入札参加有資格者(本市の競争入札参加有資格者でない場合であっても,京都市競争入札等取扱要綱第2条第1項各号に掲げる資格を有する者である場合は,本業務委託に関するプロポーザルにおいては競争入札参加有資格者とみなす。)であること及び入札参加停止期間中でないこと。

(4) 本事業の主旨を十分に理解し,委託事業を実施できる規模のスタッフを有し,委託事業を的確に遂行できること。

(5)個人情報の取扱いについて適切な保護措置を講じる取組を行っていること。

締切・連絡先について

(1)応募締切  令和元年12月6日 金曜日 午後5時必着

(2)応募方法  以下の「企画提案書の提出について」をご確認いただき,提出物を持参又は郵送してください。

(3)応募先   京都市教育委員会学校指導課 教育改革担当

        (電話:075-222-3801)

令和2年度 京都市小中一貫学習支援プログラム 実施概要,仕様書及び受託者選定基準

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

公募にあたって

本業務委託に関するプロポーザルによって契約の相手方を選定した後に,選定の結果,参加した事業者及び評価点等選定した理由が分かる情報をホームページ上で公表いたします。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

教育委員会事務局 指導部 学校指導課
電話:075-222-3801 ファックス:075-231-3117