スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市交通局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

地下鉄のつくり方-交差部全体の施工順序

ページ番号6953

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年7月2日

 

御池駅工区が東西線と烏丸線の交差部を施工しました。当工区の施工の大半は開削工法で行いましたが,東西線と烏丸線の交差部については,既設構造物の下に新しい構造物を部分的に施工していくアンダーピニング工法で行いました。
 このため,全体の施工順序は次のように大きく3段階に分けられます。

 

  1. 烏丸線両サイドの掘削:烏丸線交差部を残して両サイドの工区全体を特殊連続土留杭で支えながら掘削します。
  2. 烏丸線交差部の施工:烏丸線交差部をアンダーピニング工法により施工します。
  3. 烏丸線両サイドの構造物を構築します。

 

交差部全体の施工順序

交差部全体の施工順序

 

 

 

[戻る]

お問い合わせ先

交通局 高速鉄道部 技術監理課
電話: 075-863-5216
ファックス:075-863-5239