スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市交通局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

地下鉄のつくり方-山岳トンネル工法

ページ番号6917

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年7月2日

 

この工法は,山の中の岩盤を掘進するのに適した工法です。環境条件等を考慮して全て機械により掘削しました。現在では,山岳工法の中でもNATM(New Austrian Tunnelling Method)が主流です。
 NATMとは,掘削後早期に,掘削した岩盤の緩みが大きくならない内に,コンクリートを吹き付け,鋼製支保工を建て込み,ロックボルトを打設して,トンネル周辺の岩盤のアーチアクションも期待して構造物を安定させ構築する工法です。

 

NATM工法施工順序図

NATM工法施工順序図

NATM施工順序
1上半部施工断面の上半分を先行して施工します。
2上半部掘削ロードヘッダーS200という機械で掘削します。
3ずり出し掘削した岩ずりを坑内運搬し,立坑内で地上へ持揚げ,指定処分地へ搬出します。
4一次吹付吹付ロボットでコンクリートを吹付けます。
5鋼製支保工トンネルの形に曲げたH型鋼を建込みます。
6二次吹付鋼製支保工ごと吹付けロボットでコンクリートを吹付けます。
7ロックボルトロックボルトという鉄筋のような棒をジャンボで打込みます。
8下半部施工断面の下半分を後続施工します。
9下半部施工ロードヘッダーS200やブレーカで掘削します。
10ずり出し掘削した岩ずりを坑内運搬し,立坑内で地上へ持揚げ,指定処分地へ搬出します。
11一次吹付吹付ロボットでコンクリートを吹付けます。
12鋼製支保工トンネルの形に曲げたH型鋼を建込みます。
13二次吹付 鋼製支保工ごと吹付けロボットでコンクリートを吹付けます。
14ロックボルトロックボルトという鉄筋のような棒をジャンボで打込みます。
15インバート(底部分)施工トンネルの底部分の施工します。
16インバート掘削ブレーカやこそく用バックホウで掘削します。
17ずり出し掘削した岩ずりを坑内運搬し,立坑内で地上へ持揚げ,指定処分地へ搬出します。
18インバート吹付吹付ロボットでコンクリートを吹付けます。
19防水シート張り防水シートを張ります。
20インバートコンクリート鉄筋を組立てコンクリートを打設します。
21中埋めコンクリートコンクリートを詰めます。
22防水シート張り上下半部分の防水シートを張ります。
23覆工コンクリート施工覆工セントル(鋼製移動式型枠)によって上下半部分のコンクリートを打設します。
NATMトンネル支保パターン

NATMトンネル支保パターン

 

上の図は,地下鉄東西線安朱工区(山科・御陵間:京都市山科区)の山科疎水が流れる山の下に構築した,単線並列のNATMの支保パターンです。

 

山岳工法ずりだし計画

山岳工法ずりだし計画

 

 

 

[戻る]

お問い合わせ先

交通局 高速鉄道部 技術監理課
電話: 075-863-5216
ファックス:075-863-5239