スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市交通局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

地下鉄のつくり方-シールド工法

ページ番号6911

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年7月2日

この工法は,河川や民家の下を横断するとき,又は,地質の悪いところに適した工法で円筒形の掘進機(シールド)によって掘削しながら地下鉄構築物を造る工法です。

 

工法順序

  • 掘進機を発進させるための立坑を造り,その中に掘進機をおろす。
  • 掘進機の前面の土を掘削しながら油圧ジャッキで前進させる。
  • 掘進機の後部でセグメント(鉄筋コンクリート製又は鋼製)を組み立ててトンネルを造る。

 

 

シールド工法縦断面図

シールド工法縦断面図

シールド工法横断面図

シールド工法横断面図

シールドマシン写真 その1

シールドマシン写真 その1

シールドマシン写真 その2

シールドマシン写真 その2

シールドマシンの性能(地下鉄東西線 鴨川横断工区で使用)
内容
シールド外径5,840mm
シールド機長6,800mm
総推力3,000tf
単位面積当り推力112tf/m2
シールドジャッキ推力150tf/本
シールドストローク1200mm
シールドジャッキ数20本
駆動方式電動駆動方式
製作川崎重工業・小松製作所

 

 

 

[戻る]

お問い合わせ先

交通局 高速鉄道部 技術監理課
電話: 075-863-5216
ファックス:075-863-5239