スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市北区

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【令和4年度】船岡山を活かした魅力創出事業

ページ番号299629

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年8月9日

北区役所では「西陣を中心とした地域活性化ビジョン」に基づく地域活性化の取組として、令和元年度から、船岡山及びその周辺エリアの魅力を引き出す「船岡山を活かした魅力創出事業」に取り組んでいます。

 令和4年度は、これまでの取組により灯った船岡山エリアの火を、更に大きな炎へと盛り上げていくべく、新たな視点での企画を通じた同エリア~北区一円の魅力発信を行います。

『京都船岡山アストロロジー』×京都市北区役所 「京都キタ短編文学賞」の創設について

 この度、京都市北区・船岡山を舞台にした小説『京都船岡山アストロロジー』(望月麻衣著/講談社文庫)2巻の発売(令和4年7月15日予定)を記念し、京都市北区(ひと、まち、自然など)を題材に、北区の魅力を発信いただける短編小説作品を全国から募集し、優れた作品を表彰する「京都キタ短編文学賞」を創設します!多くの方からのご応募をお待ちしています!!

 また、本文学賞の創設に合わせ、特別な返礼品によるふるさと納税企画「『京都船岡山アストロロジー』を読んで京都のまちを応援!寄付金」も実施します。今回だけの特別な体験ができる返礼品を用意しました!

「京都キタ短編文学賞」チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

望月麻衣先生・柏てん先生・天花寺さやか先生・川妻聖枝北区長からのメッセージ


<参考>

1 『京都船岡山アストロロジー』とは


『京都船岡山アストロロジー』2巻(©望月麻衣/おかざきおか/講談社)

【あらすじ】

 憧れの耕書出版に就職した高屋誠は,中高生向け占い雑誌を発刊する部署に配属される。編集部は大阪支社で,住まいも未定。占い嫌いの高屋は,京都市北区の船岡山珈琲店にいる正体不明の占い師への取材中にぶち切れ,星読みと大喧嘩。和解の流れでなぜか店の二階に住むことになり,不本意ながら星の世界に触れ,その奥深さを知っていく。心穏やかになれる新シリーズ。

【著者:望月麻衣】

 北海道出身,京都府城陽市在住。平成25年にエブリスタ主催第2回電子書籍大賞でデビュー。平成28年,『京都寺町三条のホームズ』(双葉文庫)で第4回京都本大賞を受賞。同作16巻及び『京都船岡山アストロロジー』(講談社文庫)は,北区船岡山エリアが舞台に。ほかにも,京都を題材にした著書多数。

2 船岡山とは

 京都市北区にある高さ112メートルほどの小さな丘で,その地形が船に似ていることから「船岡」と呼ばれてきた。平安京へ遷都した第50代・桓武天皇は,船岡山の山頂から山城盆地を見渡して,都を遷すことを決めたと伝わることから「京都始まりの地」とされ,「国見の丘」とも呼ばれる。とともに,北方守護の神「玄武」が宿るとも伝えられている。

 また,11年にも及ぶ長い戦いが繰り広げられた「応仁の乱」では,山名宗全が率いる西軍が船

岡山に城砦を築いたとも伝えられている。更に,「本能寺の変」 の後,豊臣秀吉が船岡山を織田信長の霊地として定め,明治13年には,明治天皇の命により織田信長を祀る建勲神社が創建されるなど,時代時代でその名を刻んできており,国史跡に指定されている。

 現在では,山頂から京都の街並みが一望できるとともに,まちなかとは思えない豊かな自然を残し,四季折々に咲く草花や野鳥も訪れることから,気軽なハイキングスポットとして多くの方が訪れている。

3 「京都キタ短編文学賞」実施に至る経過

 北区役所では,令和元年度から「船岡山を活かした魅力創出事業」として,船岡山及びその周辺エリアの魅力を全国に向けて発信するための様々な取組を展開してきた。

 令和3年3月には,シリーズ累計170万部発行の大人気キャラクターミステリー小説『京都寺町三条のホームズ』(望月麻衣著/双葉文庫)の16巻が発売され,その中で,北区役所が船岡山周辺エリアを盛り上げるために悩み,奔走しているという実話をベースに,主人公が同エリアの魅力発信に向けて活躍するというストーリーが描かれ,読者をはじめとする全国の方に船岡山について知っていただくことができた。そして,この出版に合わせ,令和3年3月~6月には,同作とのコラボレーションによる「船岡山を盛り上げたい!」キャンペーンを開催した。

 著者の望月麻衣氏には,取材活動やキャンペーン開催を通じて,船岡山周辺エリア及び北区に大変愛着を持っていただき,同エリアを舞台とした新作小説『京都船岡山アストロロジー』(講談社)を執筆いただき,令和3年10月に発売された。北区役所では,本作の出版を同エリアはもとより,北区全体の更なる盛上げに繋げるべく,「“もっと”船岡山も北区も盛り上げたいキャンペーンを開催し,全国から多くの方々に北区にお越しいただき,地域を挙げたおもてなしを通じて,まちの魅力を実感していただくとともに,地域経済の活性化に繋げることができた。

 そして,この度の『京都船岡山アストロロジー』2巻発売を記念し,これまでの取組により灯った船岡山エリアの盛上りの火を,更に大きな炎へと盛り上げていくべく,これまで同様望月麻衣氏の全面的なご協力のもと,北区の魅力を伝える文学賞という新たな視点での企画を通じた同エリア~北区一円のイメージアップと魅力発信を行い,更なる地域活性化に繋げる。

令和3年度の取組

令和3年度の取組については,以下のURLをご覧ください。

URL:https://www.city.kyoto.lg.jp/kita/page/0000283611.html

令和2年度の取組

令和2年度の取組については,以下のURLをご覧ください。

URL:https://www.city.kyoto.lg.jp/kita/page/0000278434.html

令和元年度の取組

令和元年度の取組については,以下のURLをご覧ください。

URL:https://www.city.kyoto.lg.jp/kita/page/0000255986.html

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 北区役所地域力推進室総務・防災担当

電話:庶務担当:075-432-1197、地域防災担当:075-432-1199、統計調査担当:075-432-1199、企画担当:075-432-1199

ファックス:075-432-0388