スマートフォン表示用の情報をスキップ

民間業者が収集するごみは透明袋でお出しください

ページ番号93597

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年11月19日

民間業者が収集するごみは透明袋でお出しください

 京都市では,平成22年6月から,資源ごみの分別・資源化と,ごみの適正排出を推進するため,民間業者(一般廃棄物許可業者)が収集するごみ袋を透明袋に限定しています。

 

透明袋とは?

 袋に入れた新聞紙の文字が読める程度の無色透明又は白色透明の袋をご使用ください。

 透明袋であれば,スーパー等で販売している市販の袋で構いません。ただし,京都市の燃やすごみ用指定袋はご使用いただけません。


 

対象となるごみ

 市のクリーンセンターに搬入される民間業者が収集するごみ

ただし,下記のごみは透明袋の対象になりません。

○ 民間施設へ搬入するごみ

○ 持込ごみ

○ 京都市が収集する家庭ごみ(京都市が収集する場合は有料指定袋お使いください。)


 


 

透明袋制導入啓発チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

環境政策局循環型社会推進部資源循環推進課(事業ごみ担当)
電話:222-3948,ファックス:213-0453

フッターナビゲーション