スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】令和元年度みやこユニバーサルデザイン賞の募集について

ページ番号182987

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年6月18日

広報資料

令和元年5月30日

保健福祉局 障害保健福祉推進室 075-222-4161

令和元年度みやこユニバーサルデザイン賞の募集について

 京都市では,ユニバーサルデザイン(以下「UD」という)を踏まえた優れたアイデアや実践活動を顕彰する「みやこUD賞」を平成18年度から実施しています。

 今年度は,「生活の中のUD」をテーマにしたアイデア及びショートメッセージを下記のとおり募集しますので,お知らせします。

 

※ ユニバーサルデザイン

   年齢,性別,国籍,心身の状態などの違いにかかわらず,だれもが利用しやすいように,まちづくり,ものづくり,情報・

 サービスの提供を行っていこうとする考え方                             

                               記

1 募集期間 

 令和元年6月3日(月曜日)~9月2日(月曜日)必着

2 募集内容(詳細は,募集チラシ参照)

 「生活の中のUD」をテーマとした,以下2部門により募集します。

〇「アイデア部門」

 着ること,食べること,移動すること等の生活全般に関する事物について,夢や願望を含め,誰もが暮らしやすい

社会環境を整備する視点からのアイデアを募集します。

〇「UDショートメッセージ部門」

 街中での高齢者,障害のある人,けがをした人,妊婦,子どもなどへの配慮等を見聞きして感じたこと,
実際に体験したことなどについてのショートメッセージ(140字以内)を募集します。

3 審査・表彰

 みやこUD審議会(部会)で審査のうえ,受賞者には表彰状及び副賞を贈呈します(10月を予定)。

4 応募先及び問合せ先

 京都市保健福祉局 障害保健福祉推進室 みやこユニバーサルデザイン推進担当

 〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394番地 Y・J・Kビル3階 

 TEL 075-222-4161  FAX 075-251-2940

 E-MAIL syogai@city.kyoto.lg.jp

5 参考

 平成30年度の受賞は,【アイデア部門】で大賞1件,優秀賞4件,アイデア賞6件,【UDショートメッセージ部門】で大賞1件,優秀賞1件,佳作1件でした。

 https://www.city.kyoto.lg.jp/hokenfukushi/page/0000206668.html 参照

(平成30年度の大賞)

【アイデア部門】

〇 楽ちんかさ
  松岡 愛華(まつおか あいか)さん
 (京都教育大学附属京都小中学校・5年)

【作品概要】
 誰もが自分の持ち方に合わせて使用できるという点がユニバーサルデザイン。
 手の不自由な人や車いすを使っている人でも楽ちんに使えるということを工夫した。


【審査員コメント】
 車いすの人,シルバーカーを使っている人,手の不自由な人,荷物を持っている人,いろんな立場の人が使いやすくなるよう工夫したこと,取っ手が曲がるという点に斬新さを感じた。

【UDショートメッセージ部門】

〇 みんながい心ちの良い,きっ茶店
  笹谷 柚日(ささたに ゆうひ)さん

【作品】
 近所のきっ茶店には視覚障害の方が多く来られます。なぜかと思って見ているとすべての人に日替り定食のメニュー(2種類)をさりげなく説明し,持っていく時も「今日は右上が○○で右下が…」とどこに何があるかを説明されます。きっと障害があるという事を強調しない対応が心ちよいのだと思った。


【審査員コメント】
 障害のある方へのさりげない配慮に着目した点,そのような自分と違う他者への思いやりの気持ちが,周りの人の居心地をよくしている点に共感した。

 さりげない心配りが隠されていることに気付いた時の感動が,如実に表現されている。

広報資料,募集チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション