スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)の定期の予防接種について

ページ番号151140

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年6月14日

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)の定期の予防接種について

 京都市では,平成25年4月から,ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん※)の予防接種が,予防接種法上の定期の予防接種に位置付けられましたが,全国で予防接種との因果関係は不明ながら重篤な副反応が発生している事例が見られることを踏まえ,平成25年6月14日に厚生労働省から,当面の間は積極的な勧奨を行わないよう勧告が出されました。

 この勧告は予防接種そのものの中止ではありませんが,京都市でも当面の間は積極的な勧奨を控えております。

 つきましては,厚生労働省が作成した以下のリーフレットをよくお読みいただき,ワクチンの有効性とリスクを十分に御理解いただいたうえで,接種について御検討,御判断ください。

 

※子宮頸がんは,ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因でおこるがんで,主に性行為によって感染します。

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 医療衛生企画課
電話: 075-222-4421 ファックス: 075-222-4062

フッターナビゲーション