スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都の文化芸術を御支援ください(Arts Aid KYOTOなど 寄付のお願い)

ページ番号289848

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2023年6月5日

文化芸術寄付ポータルサイト「Kyoto Art Donation」で御寄付いただけます。

文化芸術の応援からはじまる、京都とのつながり

 京都市の文化芸術に関する寄付を取り扱うポータルサイト「Kyoto Art Donation(京都アートドネーション)」<https://www.kyoto-art-donation.com外部サイトへリンクします>が令和5年5月にオープンしました。Arts Aid KYOTOをはじめ、京都市の文化芸術に関する施設や事業に広く御寄付いただけます。

・クレジット決済、銀行振込に対応しています

・年中無休、好きな時に気軽にオンラインでお申込み

・「寄付で応援」、「参加で応援」など多様なコンテンツを充実(今後随時追加予定)

政令市では初の取組となる京都市の新たなチャレンジにぜひお力添えください!

ポストコロナ社会を見据えた持続的な文化芸術の発展を目指します!

御寄付は個人寄付企業版ふるさと納税、協賛などさまざまな方法でお受けしております。

 京都市では、現在の厳しい社会経済情勢の下でチャレンジする、アーティストなど文化芸術関係者の意欲的な活動を社会全体で支え、持続的な文化芸術の発展を目指す新たな基金「Arts Aid KYOTO」(京都市 連携・協働型文化芸術支援制度)を創設しました。

 “コロナ禍からの社会や人々の心の回復に向け、京都の文化芸術の灯を支え、輝かせたい”。こうした趣旨に御賛同いただける皆様の御支援をお願いします。

※本プロジェクトに対する個人からの寄附金は、「ふるさと納税」の対象となります。

ふるさと納税制度とは、自治体への寄附額のうち2,000円を除く金額が所得税・個人住民税から控除される制度です(例:30,000円の寄附をした場合、合計28,000円の税金が控除)。

※寄附をした方の給与収入や家族構成などに応じた控除額の上限がありますのでご注意ください。全額(2,000円を除く)控除される寄附金の上限目安は以下URLから確認ができます。

→→総務省HP外部サイトへリンクします

本基金の基本的な仕組み

寄付金等の7割を文化芸術事業実施者への支援に、3割を基金に積み立てます。

※御寄付の一部は、事務費にも充てさせていただきます。


寄付申出書による寄付の流れ


1 「寄付申出書」に必要事項を記入し、文化市民局 文化芸術都市推進室 文化芸術企画課 Arts Aid KYOTO担当まで、郵便、FAX又はメールにより提出してください。

2 本市から納付書を送付します。

3 入金を確認次第、「寄付金受領証明書」及びワンストップ特例制度に係る申請書類を送付します。

4 「寄付金受領証明書」とともに税の申告をお願いします。又はワンストップ特例制度を御利用ください。

受付・問い合わせ先

 京都市 文化市民局 文化芸術都市推進室 文化芸術企画課 Arts Aid KYOTO担当

 住所:〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る本能寺前町448(※郵送の場合、郵便番号のみで届きます(住所不要))

 TEL:075-222-3119、FAX:075-213-3181、Eメール:[email protected]

寄付申出書

税金の取扱い(寄付金控除)等について

〇企業版ふるさと納税

・令和2年度の改正により、税の軽減効果が寄付額の最大約9割(改定前は6割)となりました。これにより、企業の負担がさらに軽減され、これまで以上に利用しやすい制度となりました。

・1回あたり10万円以上の寄付が対象となります。

・本社が京都市に所在する法人の寄付は対象外となりますので、御留意ください。

(ただし、本社が京都市内に所在する企業も、寄付の全額を損金算入できますので、寄付額の約3割の税が軽減されます。)

 ※企業版ふるさと納税制度概要等、詳細については、こちら(地方創生企業版ふるさと納税ポータルサイト)外部サイトへリンクしますを御覧ください。

〇個人寄付

・都道府県・市町村に対してふるさと納税(寄付)をすると、確定申告を行うことで、その納税額のうち2,000円を超える部分について、原則として所得税及び個人住民税から全額が控除されます。(控除される金額には、収入や家族構成に応じて一定の上限があります。)

 ※ふるさと納税の制度概要、ワンストップ特例制度・確定申告、税金控除等の詳細については、こちら(総務省ふるさと納税ポータルサイト)外部サイトへリンクしますを御覧ください。 

支援者向け御案内資料

支援者向け御案内資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※支援いただいた方のお名前、企業名等は、京都市のホームページやパンフレット等に掲載させていただきます。(希望制)

これまでに頂いた御寄付とその活用例

氏名を公表することに同意いただいた方のみ掲載しております。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

・令和3年度寄付総額

 【 51,524,000円(399件) 】(令和3年10月14日~令和4年3月31日)

・令和4年度寄付総額

 【 223,170,000円(99件) 】(令和4年4月1日~令和5年3月31日)

活用例

●これまでの補助金交付事業一覧

 ・ARTAOTA 2021

 ・京都の芸術大学を舞台とした映画『ミュジコフィリア』製作・公開

 ・「子どもにアートを!」と頑張る先生を支えたい―スクールファーストペンギンプロジェクト―

 ・冷泉家「北の大蔵」新築工事紹介を含む動画配信 冷泉家HP外部サイトへリンクします 動画(Youtube 日本語外部サイトへリンクしますEnglish外部サイトへリンクします

 ・時代劇映像『肘肩腰三!』製作

 ・学生アートオークション


●京都市が行う文化芸術振興策(事例)

 ・市民狂言会など伝統芸能の保存、継承事業

 ・子どもたちが伝統文化等、文化芸術に触れる機会の創出

 ・若手アーティスト支援(アート市場活性化) など

クラウドファンディング

●過去に実施したクラウドファンディング

https://readyfor.jp/projects/kyotoart2022外部サイトへリンクします

 実施期間:令和4年11月15日(火曜日)午前10時~令和4年12月20日(火曜日)午後11時

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

電話:075-222-3119、075-222-3128 (京都芸大担当)、075-222-4200(政策連携担当)

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション