スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

(取材案内)「京都映画賞(仮称)の創設に向けて」公開シンポジウムの開催について

ページ番号260593

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年12月13日

「京都映画賞(仮称)の創設に向けて」公開シンポジウムの開催について

 京都市では,時代劇をはじめとした京都での更なる映画製作につなげるための,京都ならではの映画を対象とした新たな賞の創設に向けて,準備・検討を進めています。

 この度,多くの皆様に時代劇の魅力や時代劇映画を取り巻く現状を知っていただき,時代劇復興の機運を盛り上げるため,多彩なゲストの皆様をお迎えし,下記のとおりシンポジウムを開催しますので,御案内します。

1 日時

令和元年12月22日(日曜日)

午後1時30分~午後4時50分(開場:午後1時)

2 会場

立命館朱雀キャンパス ホール(京都市中京区西ノ京朱雀町1)

3 内容

・主催者挨拶及び京都映画賞(仮称)の概要(案)説明

   ※添付資料「京都映画賞(仮称)について」を当日会場にて配布します。

・パネルディスカッション

   テーマ 「京都における時代劇の復興」

   パネリスト(順不同)

   高良 健吾 氏(俳優),中島 貞夫 氏(映画監督),源 孝志 氏(演出家・脚本家・映画監督)

   ファシリテーター:まつむら 眞弓 氏(女優)

・時代劇作品上映

   作品「スローな武士にしてくれ~京都 撮影所ラプソディー~」

   作・演出:源孝志 制作・著作:NHK,オッティモ

4 備考

 取材いただける場合は,大変お手数ではございますが,12月19日(木曜日)までに,別紙参加票を送付いただきますようお願いします。

【取材案内】「京都映画賞(仮称)の創設に向けて」公開シンポジウム開催について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

【添付資料】「京都映画賞(仮称)について」

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化芸術企画課

電話:075-222-3119、075-222-3128 (京都芸大担当)

ファックス:075-213-3181

フッターナビゲーション