スマートフォン表示用の情報をスキップ

ヤブイヌの誕生について

ページ番号260447

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年11月28日

お知らせ

令和元年11月28日

文化市民局(動物園 電話:771-0210)

ヤブイヌの誕生について

京都市動物園で飼育中のヤブイヌに赤ちゃんが誕生しましたので,下記のとおりお知らせします。

 しばらくは寝室の巣箱の中で生活するため,実際に御覧いただくことはできませんが,グラウンドに出てくるのを楽しみにお待ちください。今回のペアでの繁殖は平成28年に続き3回目となります。                   

                        記

1 誕生したヤブイヌについて

⑴    頭  数  4頭(うち1頭は死産)

⑵    性  別  不明 

⑶    出生年月日  令和元年11月27日(水曜日)

       1頭目 午後3時41分

       2頭目 午後3時56分           

       3頭目 午後3時58分(死産)

       4頭目 午後5時48分 

⑷    体格(推定) 全頭 体長18cm,体重200g  

⑸  その他  父「デンマル」は平成26年12月11日にイェスパーフス・ジャングルズー(デンマーク),
母「パパヤ」は平成27年3月27日にポートリム野生動物公園(イギリス)からそれぞれ来園しました。
2頭は京都市動物園,イェスパーフス・ジャングルズー,ヨーロッパ絶滅危惧種繁殖計画
(European Endangered Species Programme)種別調整者(ポートリム野生動物公園)の三者の間で
策定した共同保護計画書に基づき,寄付されました。
                 「パパヤ」にとっては平成28年9月2日以来3回目の出産となります。

2 国内飼育状況

  平成30年12月31日現在,国内施設で19頭(オス11頭,メス8頭)が飼育されています。

  国内での繁殖は,平成28年に当園で2回7頭(うち2頭死亡)の繁殖に成功して以来になります。

3 取材について

  しばらくは,赤ちゃんの撮影をしていただくことができません。(生後40日前後) 

※ 現在の様子の画像(行動観察用のハードディスクから書き出したもので,画質はそれほどよくありません。)を提供することができますので,御希望の場合は,動物園まで御連絡ください。

※ 午後5時15分以降は075-771-0211へお問合せください。

 

4 その他

  性別の判明後,愛称投票を実施する予定です。実施時期については,決まり次第HPでお知らせします。

 

 

(参考)ヤブイヌ(食肉目イヌ科外部サイトへリンクします 英名:Bush Dog 学名:Speothos venaticus

  パナマ,コロンビア,ガイアナ及びブラジル等の森林や林緑の沼地に生息している。体長は58~75cm,体重5~7kgでずんぐりした体型をしており,外見はあまりイヌらしくない。また,IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストには準絶滅危惧種(Near Threatened)「存続基盤が脆弱な種。現時点で絶滅危険度は小さいが,生息条件の変化にとっては絶滅危惧に移行する要素を有するもの」として記載されている。

  国内では,京都市動物園の他に5園(よこはま動物園ズーラシア,名古屋市東山動植物園,埼玉こども動物自然公園,鹿児島市平川動物公園,神戸どうぶつ王国)で飼育されている。

 

誕生したヤブイヌと母パパヤ

誕生したヤブイヌと母パパヤ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市動物園 総務課
電 話  075-771-0210
住 所  〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内

フッターナビゲーション