スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

ニシゴリラの誕生について

ページ番号246085

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年12月20日

お知らせ

平成30年12月20日

文化市民局(動物園 電話:771-0210)

ニシゴリラの誕生について

京都市動物園では,飼育中のニシゴリラに赤ちゃんが誕生しましたので,下記のとおりお知らせします。

平成23年12月に生まれたゲンタロウに続く2回目の出産となり,本園では5例目の出産となります。

 

                            記

1 誕生したゴリラについて

 ⑴ 性    別   オス

 ⑵ 出生年月日  平成30年12月19日(水曜日)午後8時05分

 ⑶ 体    格   頭胴長 約21cm

 ⑷ その他     父「モモタロウ」と母「ゲンキ」の第2子

           ○父「モモタロウ」(オス)18歳

            平成12年7月3日 恩賜上野動物園生まれ

            平成22年10月17日 繁殖のため,所有者である千葉市動物公園より借受(ブリ 

            ーディングローン)

           ○母「ゲンキ」(メス)32歳

            昭和61年6月24日 京都市動物園生まれ

            平成23年12月21日 第1子(ゲンタロウ,オス)出産

 ⑸ 公   開      時期は未定(決まり次第HPでお知らせします)

2 取材について

親子の状態が安定するまで,「ゲンキ」と赤ちゃんの撮影をしていただくことができません。

※ 母子の動画及び画像を提供することができますので,御希望の場合は,動物園までお問合せください。

3 本園における繁殖実績

 ⑴  昭和45年10月29日 「ジミー」(オス)と「ベベ」(メス)の間に「マック」(オス)が誕生。   

   国内初の繁殖。

 ⑵  昭和57年5月15日 「マック」(オス)と「ヒロミ」(メス)の間に「京太郎」(オス)が誕生。 

   国内で初となる二世代にわたる繁殖。

 ⑶  昭和61年6月24日 「マック」(オス)と「ヒロミ」(メス)の間に「ゲンキ」(メス)が誕生。

 ⑷  平成23年12月21日 「モモタロウ」(オス)と「ゲンキ」(メス)の間に「ゲンタロウ」(オス)

   が誕生。国内で初となる三世代にわたる繁殖。

(参考)ニシゴリラ(英名:Western Gorilla 学名:Gorilla gorilla)

 ニシゴリラは西アフリカの熱帯雨林に生息している。繊維質の多いものから果実まで多様な植物の他,シロアリなどの昆虫も餌とする。オスは成長すると背中が銀白色になりシルバーバックと呼ばれ,数頭のメスとその子どもからなる群れを作る。生息地の環境破壊と密猟により減少し,ワシントン条約附属書Ⅰ(絶滅の恐れが最も高く,特に厳重に取引が規制されている種)に指定されている。IUCN(国際自然保護連合)のレッドリストではCR(絶滅危惧IA類)とされ,絶滅危惧種の中では最も絶滅の危惧が高い種であり,その繁殖が大きな課題となっている。

国内飼育園,頭数:7園21頭(オス10頭,メス11頭)

直近の出産例:恩賜上野動物園 モモコ(メス)とハオコ(オス)の子 

           リキ(オス) 平成29年10月9日 誕生 

ゲンキと赤ちゃん

ゲンキと赤ちゃん

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市動物園 総務課
電 話  075-771-0210
住 所  〒606-8333 京都市左京区岡崎法勝寺町岡崎公園内

フッターナビゲーション