スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

機甲分団・応急救護分団

ページ番号179634

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年7月28日

機甲分団


 大規模地震のほか,建物倒壊や土砂崩れなどによる救助事故が発生し,重機等が必要と判断された場合に,要請を受けた消防団員が所属する事業所の重機と共に災害現場へ出動して,災害現場活動を行います。

発足日 

 平成21年11月24日(火曜日)

組織

 北,山科,下京,南,右京,西京の消防団に機能別の分団として設置しています。

制度

  • 重機を所有する事業所の従業員(機械のオペレーター)を機甲分団員として任命します。
  • 機甲分団が使用する重機は,機甲分団員が所属する事業所が提供します。

現況(平成28年4月1日現在)

 1. 現在員数

   26名(男性25人,女性1人)

 2. 機甲分団協力事業所 7社

   日本サルベージサービス,株式会社ヨードクリーン,花豊造園株式会社,株式会社小林造園,豊坂建材株式会社

   株式会社野間造園,株式会社シンテック

 3. 登録車両 23台

   (内訳)クレーン7台,高所作業車2台,ホイルローダー2台,油圧ショベル7台,トラック5台


応急救護分団

 応急救護分団は,応急手当の普及啓発を推進するため,普通救命講習を実施するとともに,大規模災害発生時等には,応急救護所等において応急手当の支援に従事します。

発足日

 平成22年3月19日(金曜日)

組織

  • 機能別の分団として,市内の全消防団に設置しています。
  • 応急救護分団の定数は,各5名(伏見応急救護分団は10名)としています。

制度

 「応急手当指導員資格」又は「応急手当普及員資格」を有する者を応急救護分団として任命しています。

主な装備等

 応急救護分団専用の活動服,三角巾,滅菌ガーゼ等を収納したウエストポーチ

現況(平成28年4月1日現在)

 現在員数 58名(男性39名,女性19名)

お問い合わせ先

京都市 消防局総務部消防団課

電話:075-212-6632

ファックス:075-212-6958