スマートフォン表示用の情報をスキップ

京都市消防局

言語選択を表示する

スマートフォン表示用の情報をスキップ

明倫分団

ページ番号179310

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年3月30日

明倫分団


所在地

京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町553 元明倫幼稚園内

分団長

正木 敏明

管轄区域の紹介

 明倫学区は,烏丸通・四条通・三条・西洞院通に囲まれた京都市の中央部に位置し,古来から京の商業,経済の中心地として栄えてきました。

 そして,祇園祭に13基もの山鉾を出す,祇園祭を受け継ぐ中心のまちでもあります。

 学区内を南北に走る3つの通りはそれぞれ性格が大きくことなり,銀行・情報産業等の大企業が集まる烏丸通。呉服問屋や大規模マンションが立ち並ぶ室町通。京町屋が並び祇園祭ですべての鉾と曳山が巡行する新町通。学区では「祇園祭を

 受け継ぐ風格のある町,商いと暮らしが響き合う町 明倫」を合言葉に,現状と将来を活かしたまちです。

分団紹介

 明倫分団は,総勢20名,うち女性団員は1名います。(平成28年5月1日現在)分団は活気があふれており,「自らの地域は自らで守る。」という郷土愛護の精神の下,一致団結して力強く頑張っています。

 学区内における災害現場活動はもとより,年始の分団出初式に始まり,学区の総合防災訓練指導や祇園祭消防警備等に伴う防火パトロールなど年間を通じて非常に多忙な活動を行っています。日本を代表する祇園祭では,数多くの山や鉾と露店が立ち並び,毎年多数の見物客で賑わうため,地域住民の方の安心・安全はもちろんのことながら,観光客の安心・安全を守ることも明倫分団の大きな役目です。

地域の活動紹介

平成28年度京都市消防団総合査閲で「日本消防協会竿頭綬表彰」を受賞!(平成28年5月29日)

 京都市消防活動センターで行われた,京都市消防団総合査閲に中京区を代表して明倫分団が出場しました。これは,毎年市内各行政区の代表11分団が消防団の規律や災害対応力の向上を目的に実施されています。

 明倫分団は,日頃の厳しい訓練で培ったチームワークを基に分団長の的確な号令の下,機敏な諸動作と旺盛な士気などが総合的に評価され「日本消防協会竿頭綬表彰」を受賞しました。


28年度学区総合防災訓練で居住スペースとベッドの作成指導!!(平成28年11月)

 学区総合防災訓練では,避難所での居住スペース作りと段ボールを活用してのベッド作りを消防団と自主防災会で参加者に指導しました。

お問い合わせ先

京都市 消防局中京消防署

電話:075-841-6333

ファックス:075-802-1999