春日分団

ページ番号178871

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年8月21日

春日分団


所在地

 上京区河原町通丸太町上る高島町335

管轄区域の紹介

 春日分団が管轄する春日学区は,御所と鴨川に挟まれた落ち着いた環境の中にあるコンパクトな学区です。学区の中央を南北に河原町通,東西に丸太町通の幹線道路が通り,通りに面して小売業者が店を構える一方,横道に入ると,伝統的な京町家を含め,まだまだ住宅が並ぶ町並みです。頼山陽の書斎として有名な山紫水明処や新島襄旧邸,旧上電話局などの史跡や文化財もあり,また,1981年に移転してしまいましたが,かつては立命館大学の広小路キャンパスが,現在は京都府立医科大学のキャンパスがあるなど,教養・文化・歴史に恵まれた地域でもあります。高齢化が進んでいましたが,近年,マンション建設が増え,若い世代も多く住む町になりました。

 また,春日学区の福祉活動は全国的に有名で,多くの地域から視察に来られます。春日住民福祉協議会を中心に各種団体が連携して積極的に活動しており,春日分団も,防火,防災にとどまらず様々な活動を行っています。

分団紹介

 春日学区は比較的コンパクトな学区の中に細い路地がたくさんあり,木造の京町家も多く立ち並んでいることから,春日分団は,路地のほとんど全てを,日々,パトロールしています。学区の防災の取組とも連携しながら,防災教室や見回り活動を兼ねた高齢者宅への防災訪問を行うなど,春日学区挙げて防災コミュニティの「まち」日本一を目指しています。
 現在,元春日小学校跡地に新しい小学校を建設中で,分団器具庫についても小学校敷地内へ移転予定であり,今まで以上に防火,防災活動を行い,災害の少ない春日学区にしていきたいと考えています。

活動紹介

防災教室(年4回開催)

 春日学区では,毎年4回,防災教室を開催しており,平成29年度はDIG(図上訓練)を実施し,参加者全員で学区内の危険箇所を把握しました。


大規模災害に備えて,放水訓練!

 春日学区では,夏の文化財防火運動(7月12日から同18日まで)期間中に,学区内にある山紫水明処において,消火器をはじめ,設置されている消防用設備の取扱訓練と敷地内の見学会を実施し,大切な文化財を守るための知識と技術,意識の向上を図りました。


お問い合わせ先

京都市 消防局上京消防署

電話:075-431-1371

ファックス:075-414-1999