上京消防署

ページ番号178272

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月20日

上京消防署長挨拶

上京消防署長


 上京区は,京都御所や北野天満宮などの歴史的な建造物を数多く有し,碁盤の目の道路に京町家が建ち並ぶ風情あるまちです。また,西陣織や京菓子などの産業,茶の湯の文化が発祥・発展し,京都の中でも歴史と伝統を誇る行政区です。
 しかしながら,戦前からの木造建築物が数多く残っているため,一旦火災が発生すると大きな被害となる恐れもあります。

 上京消防署では,警防活動態勢の強化を図り,大規模火災への拡大を防ぐとともに,火災を減少させるため,地域事情や年代に応じた防火指導,焼死者ゼロを目指した取組を積極的に推進してまいります。
 また,各家庭に設置されている住宅用火災警報器は,義務設置から10年が経過し,電池の交換や取替えの時期となっているため,適正に維持管理されるようその周知に努めてまいります。

 昨年度に引き続き,署員の「伝える力」に更に磨きを掛け,より一層,区民の皆様と伝え合うことを大切にしながら,113名の署員が心を一つにして取り組んでまいりますので,皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

                                                         上京消防署長 白岩 治

本署


クリックすると拡大

所在地等

〒602-8031 京都市上京区釜座通下立売下る東裏辻町398 

TEL:075-431-1371/FAX:075-414-1999 

アクセス

京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅 徒歩9分

京都市バス「府庁前」 徒歩4分

       「堀川下立売」 徒歩5分

  • 上京消防署ニュース
  • 上京少年消防クラブ
  • 上京消防署
上のバナーをクリックすると該当ページへ移動します。

配置車両

  • 上指
  • 上1
  • 上2
  • 上2
  • 上2
  • 上A

北野消防出張所


沿革

大正9年当時の上消防署

大正9年当時の上消防署

大正9年当時の上消防署直轄望楼

大正9年当時の上消防署直轄望楼

上京消防署の沿革

大正8年 (1919年)7月

 上消防署設置(上京区川端通東竹屋町下る川端警察署内)

大正9年 (1920年)11月

 現所在地へ移転(上京区釜座通下立売下る東裏辻町398)

 木造2階建て約158坪

昭和17年(1928年)8月

 大宮消防出張所設置(上京区大宮通今出川上る観世町110)

 木造平屋建て約39坪

昭和23年(1948年)3月7日

 自治体消防発足

 局(4課1校)

 6消防署(上,下,八坂,北野,加茂,深草の各消防署)

 23消防出張所

昭和25年(1950年)4月

 上京消防署に名称変更

昭和27年(1952年)8月

 北野消防出張所開設(上京区今小路御前西入紙屋川町870)

 鉄筋コンクリート造2階建て

 (昭和2年に北野消防署として設置されていたが,右京消防署の新設により上京消防署北野消防出張所とし開設された)

昭和37年(1962年)5月

 旧上京消防署庁舎竣工

昭和50年(1975年)6月

 現在の大宮消防出張所竣工

平成元年(1989年)6月

 現在の北野消防出張所竣工

平成11年(1999年)3月

 現在の上京消防署竣工