現在位置:

ストーブ火災に御注意ください!

ページ番号159149

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月16日

 寒い冬の時期に欠かせない暖房器具,中でも電気ストーブは給油の必要もなく手軽に部屋を暖められるため,使用している方も多いのではないでしょうか。

 しかし,使い方を誤ると火災の原因となります。

電気ストーブ火災の再現実験

電気ストーブ火災の再現実験

暖房器具火災の約7割が電気ストーブ!

 電気ストーブは火を使わないから安全だと思っていませんか?

 京都市における過去5年間(平成24年~平成28年)に発生した暖房器具火災の内訳を見てみましょう。

暖房器具火災の種別(平成24年~平成28年 京都市)

暖房器具火災の種別

 過去5年間に発生した暖房器具火災の約7割が電気ストーブによるものです。

 また,過去5年間に発生した44件の電気ストーブ火災により,7名の方が亡くなられ,26名の方が負傷されています

 スイッチを入れたまま就寝し,寝ている間に布団などが接触して火災になると,発見が遅れて非常に危険です!

電気ストーブ火災と石油ストーブ火災の着火物(平成24年~平成28年 京都市)

電気ストーブ火災の着火物

電気ストーブ火災の着火物

石油ストーブ火災の着火物

石油ストーブ火災の着火物

 電気ストーブ火災は,布団や衣類などの燃えやすいものが接触したことが主な原因です。

 一方,石油ストーブ火災は,給油時にキャップが緩んでいたことなどにより,こぼれた灯油に引火した火災が多く発生しています。また,誤ってガソリンを入れてしまい,火災となった事案も発生しています。

暖房器具火災を防ぐためのポイント

 電気ストーブ,石油ストーブ等の暖房器具火災は,少しの注意で防げるものがほとんどです。

 必ず取扱説明書を読むとともに,次のポイントに注意して,火災から身を守りましょう。

寝る前や出掛ける前には,必ず火を消す。

布団などが接触し火災になる事例が多く発生しています!
特に就寝中の出火は発見が遅れやすいため,非常に危険です。
・寝る前には必ずスイッチを切りましょう。

 

燃えやすい物の近くでは使わない。

・カーテンなどの燃えやすい物の近くや,物が落下するおそれのある所では使わないようにしましょう。
・周囲の可燃物は整理整頓し,ストーブから1m以上は離しましょう。
・スプレー缶などは,暖房器具からの熱で熱せられ,破裂や爆発を起こすおそれがあるので,暖房器具の近くに置かないようにしましょう。

 

暖房器具の上に洗濯物を干さない。

・暖房器具の上に洗濯物を干さないようにしましょう。

 

給油の前には必ず火を消す。

石油ストーブに給油する際に,灯油に引火する事例も多く発生しています。
・石油ストーブに給油するときは,必ず火を消しましょう。
・灯油のカートリッジタンクの蓋が確実に閉まっているか確認しましょう。

「京都市の焼死者防止実践ファイブ!」で火災から身を守りましょう!

「京都市の焼死者防止実践ファイブ!」は過去の焼死者を伴う火災を分析し,火災から命を守る5つのポイントとしてまとめたものです。

火災から命を守るために,今すぐ始めましょう!⇒⇒⇒(クリックして表示

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 消防局予防部予防課

電話:075-212-6672

ファックス:075-252-2076