スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

「IPCC第49回総会」の京都市開催について

ページ番号240382

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年7月13日

「IPCC第49回総会」の京都市開催等について

   IPCC総会は,国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)と並び,世界の気候変動対策に強い影響力を有する国際会議であり,COP3に続き,第49回総会が本市で開催されることにより,市民,事業者の環境に関する更なる意識の向上,活動の促進の契機となるよう,取組を進めてまいります。 

1 IPCC総会京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業

  このIPCC総会の開催を契機として,平成29年12月に発表した「持続可能な都市文明の構築を目指す京都宣言」の理念の周知・啓発とあわせて,市民の皆様に環境に対する関心や環境にやさしい取組の実践に係る機運をより一層高めていただけるよう,市内各所で環境に関する講座,トークイベント等を実施しておりますので,是非御参加ください。

環境に関する講座,トークイベント等の概要
事業名 開催日及び会場    

申込期間,申込先及び申込方法

参加者数

地球研オープンハウス2018

ポスター展示とミニレクチャー

「京都宣言」「IPCC」ってなんだろう?

平成30年7月27日(金曜日)

総合地球環境学研究所
 実施済900人

「DO YOU KYOTO?西京デー」

~子ども環境教室~

平成30年8月9日(木曜日),10日 (金曜日)

京都大学桂キャンパス
 実施済70人

トークイベント

「京都から考える成熟期の都市戦略2050」

平成30年9月15日 (土曜日)

京都御苑レクチャーホール

実施済

49人

園長トークイベント

「植物も動物も全ての生命が輝くまちに」in 京都市動物園

平成30年9月23日 (日曜日)

京都市動物園

実施済 

100人
持続可能な未来へ誘う,音楽の調べ!in 随心院

平成30年10月13日 (土曜日)

随心院

実施済 

50人

気候変動から見たSDGs

~世界を変える市民のチカラ~

平成30年10月20日 (土曜日)

京エコロジーセンター

実施済

88人
すまいの創エネ・省エネわくわく広場

平成30年11月4日 (日曜日)

イオンモールKYOTO

実施済 

50人

「地球環境とマンガ」展

~マンガを通して考える持続可能なミライ~

平成30年11月17日(土曜日)~平成31年1月15日(火曜日)

京都国際マンガミュージアム

申込不要

詳細はこちらhttps://www.kyotomm.jp/event/exh_kankyomanga2018/外部サイトへリンクします

シンポジウム「SDGsでつながる京都とイスカンダル・マレーシア」~京都発環境教育から低炭素社会づくりへの挑戦~

平成30年12月24日(月曜日・休日)

メルパルク京都   

実施済

125人
持続可能な未来へ誘う,音楽の調べ!in法住寺

平成31年1月26日(土曜日)

法住寺

定員に達したため,募集締切済

お寺と木とお庭から見えてくる持続可能な未来 in天龍寺

平成31年3月9日(土曜日)


天龍寺

申込期間:平成31年2月1日~3月1日
申込先:京都いつでもコール(電話:075-661-3755,FAX:075-661-5855 メール:京都いつでもコールHPの送信フォームを利用)
申込方法:電話,FAX,メール

※   一部のイベントにおいては,入場料が必要です。

※   以下のチラシに集めたスタンプの数に応じてもれなくDO YOU KYOTO?グッズをお渡しします。

3個:エコちゃん鉛筆2本

5個:エコちゃんボールペンとDO YOU KYOTO?ハンカチ

このほかにもグッズ引換時にお渡しする抽選券の中から抽選で3名の方に一澤信三郎帆布「DO YOU KYOTO?」トートバッグをプレゼントします。抽選方法等については詳細が決まり次第,お知らせします。

 

IPCC京都市開催記念 京都宣言発信リレー事業チラシ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2 IPCC総会の概要

(1)  IPCC

     ア 気候変動に関する政府間パネル

      (Intergovernmental Panel on Climate Change)の略

     イ 人為起源による気候変動,影響,緩和策等に関し,科学的,技術的,社会経済学的な見地から

       包括的な評価を行うことを目的と して,国連環境計画(UNEP)及び世界気象機関(WMO)により

     昭和63(1988)年に設立された機関

     ウ 平成19(2007)年には,米国のゴア元副大統領と共にノーベル平和賞を受賞


  

IPCC第47回総会(2018年3月,パリ)時に開催されたIPCC30周年記念イベント(環境省提供)

(2)  第49回総会

    ア 日程,会場

      2019年5月6日~13日,国立京都国際会館,グランドプリンスホテル京都

    ・5月6,7日    IPCCインベントリガイドライン改良報告書主執筆者会合

    ・5月8日~12日 IPCC第49回総会

    ・5月13日      記者会見

    イ 参加者

     各国政府の関係者,国際研究機関の科学者等(100以上の国・地域から500人程度)

   ウ 内容

      今世紀後半の温室効果ガス排出実質ゼロを目指したパリ協定の取組を推進していく上で不可欠な,

    各国の温室効果ガス排出量の算定方法の改良に関する報告書が承認される予定 

(参考)環境省 IPCC関連ホームページ(http://www.env.go.jp/earth/ondanka/ipccinfo/外部サイトへリンクします

3 誘致経過

平成29(2017)年

11月 COP23(ドイツ・ボン市)において日本政府が日本への誘致を表明  

   (本市を含む複数の自治体から開催への関心が環境省に示された。)

平成30(2018)年

1月  環境省が開催候補都市を「京都市」に決定(環境問題に関する国際 会議やシンポジウムを主催した経験が

   豊富であるということ,地球温暖化に特化した全国初の条例制定など先進的な気候変動対策が実施されてきたこと,

   京都議定書採択の歴史的な地でありIPCC総会を機に気候変動対策に取り組む気運を盛り上げる効果が期待できる

   こと,などが評価された。)

(お知らせ)開催候補地が京都市に決定

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

3月     IPCC第47回総会(フランス・パリ市)において,日本政府が京都市開催の意向を表明

5月   IPCC事務局による京都市視察

7月   京都市開催決定

(お知らせ)IPCC第49回総会の京都市開催決定等について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286

フッターナビゲーション