現在位置:

京都市胃がんリスク層別化検診(ABC検診)

ページ番号217209

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年12月8日

胃がんリスク層別化検診(ABC検診)とは

 胃がんの主なリスク要因は,ヘリコバクタ・ピロリ菌の感染と言われています。

 胃がんリスク層別化検診とは,「ヘリコバクタ・ピロリ菌への感染の有無」を調べるピロリ菌抗体検査と,「胃の粘膜の状態」を調べるペプシノゲン検査の2つの検査の組み合わせ(ABC検診)により,胃がんに罹るリスクを判定することができる検査です。

 血液検査により実施しますので,簡単に胃がんに罹るリスクを調べることができます。ぜひ,受診しましょう。

検診の実施について

1.対象者

40,45,50,55,60,65歳の市民(本市の胃がんリスク層別化検診を受診したことが無い方に限り1回のみ)

※対象年齢は受診する年の12月31日時点で判定します。

以下の方は受診いただけませんのでご注意ください。

○ 過去に「胃がん」と診断された方
○ 過去に「胃切除手術」を受けたことのある方
○ 過去に「ヘリコバクタ・ピロリ菌」を除菌したことのある方
○ 現在「胃潰瘍や十二指腸潰瘍」で治療中の方
○ 現在「腎不全」の治療中又は経過観察中の方

2.検査内容

ABC検診(血液検査):「ヘリコバクタ・ピロリ菌への感染の有無」を調べるピロリ菌検査と「胃の粘膜の状態」を調べるペプシノゲン検査の2つの検査の組み合わせにより,胃がんに罹るリスクを判定します。

3.受診料金

500円(免除要件は,こちらのページをご覧ください。)

4.受診方法

お住まいの区にかかわらず,一年を通じて,指定医療機関で受診できます。
指定医療機関へ直接電話で「京都市の胃がんリスク層別化検診を受診したい」とお申し込みください。
※受診券や予約票などはありません。

指定医療機関はこちらからご確認ください↓

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ピロリ菌除菌治療の助成制度について

 健診,人間ドック,本市が実施している「胃がんリスク層別化検診(ABC検診)」をはじめとする市町村検診等でピロリ菌感染が判明し,保険適用で一次除菌治療(精密検査で胃内視鏡検査を行った後,ピロリ菌除菌治療)を行った方に対して,京都府にてピロリ菌除菌治療への費用助成を行われています。
 詳細は京都府のホームページ外部サイトへリンクしますで御確認いただくか,京都府健康対策課がん対策担当(電話:075-414-4766)までお問い合わせください。

その他のがん検診

お問い合わせ先

保健福祉局 健康長寿のまち・京都推進室 健康長寿企画課
電話: 075-222-3419 ファックス: 075-222-3416