スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市まちねこ活動支援事業

ページ番号189400

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年12月21日

まちねこ活動とは

 「まちねこ活動」とは,地域に暮らす野良猫を,地域住民の理解と協力を得て,餌やふん尿の管理,周辺美化などの一定のルールに基づき適切に管理するとともに,避妊去勢手術を行うことにより,野良猫に一代限りの命を全うさせる活動です。

 この活動を継続することにより,野良猫の数は減少していくものと考えられます。

野良猫で困っていませんか?

≪野良猫で迷惑している≫

・ふん尿の臭いで困っている

・鳴き声がうるさい

・子猫が増えて困っている

・食べ残した餌がゴミになる

≪かわいそうな猫を助けたい≫

・餌を与えたいが猫が増えると困る

・避妊去勢手術をしたいがお金がかかる

・飼いたいけど飼えない

・猫のために何かしたい

歩いているだけなら迷惑にならない野良猫ですが,数が増えることによっていろんな問題が起きているようです。

住民の方にとっては深刻な問題です。

   ↓   ↓  みんなの思いは...  ↓   ↓

        「野良猫を減らしたい」

まちねこ活動始めませんか?

まちねこ活動の効果

・避妊去勢手術を実施することにより,尿の臭いやさかりの鳴き声が軽減されるとともに,無秩序な繁殖を抑制することができます。

・適切な餌やりルールに従って管理することにより,餌の散乱を防止します。

・トイレの設置により,ふん尿被害を軽減します。

   ↓   ↓  長期的には...  ↓   ↓

・野良猫の減少

・苦情やトラブルの減少

・動物愛護意識の高揚

地域と行政の役割

地域の役割

・地域でのまちねこ活動に係る合意形成

・猫の生息状況の把握

・猫用トイレの設置及びふん尿の管理

・餌やりルールの決定と餌の管理    など

行政の役割

・捕獲檻の貸出し

・避妊去勢手術の実施(無料)   など

まちねこ活動を始めるには?

【まず始めに】

・地域住民2人以上で活動グループを作る(管理する猫が10頭以上の場合は3名以上)。

・町内会等の合意形成を図る。

・猫の管理方法を決める(猫の生息状況の把握や猫用トイレ及び餌の管理)。

※医療衛生センターや区役所・支所の医療衛生コーナーでは,まちねこ活動を行おうとされている方や町内会等に対し,活動の進め方,活動グル―プづくり,活動地域の決定,地域の合意形成等について助言を行うとともに,必要に応じて説明会等を行っています。まずは医療衛生センターまたは医療衛生コーナーまで御相談ください。

【次に】

・届出書の提出

・書類審査及び現場調査の実施

・まちねこ活動地域として登録

【登録したら】

・猫の管理(トイレ,餌など)

・猫の捕獲及び避妊去勢手術

・手術後の猫のリリース

さいごに

 無秩序に野良猫の餌やりをすると,餌の食い散らかしが起こるばかりか,野良猫が集まって繁殖の機会を増やし,飼い主のいない野良猫の子供を増やしてしまい,ふん尿の被害や発情期の鳴き声に悩まされたり,ご近所の苦情発生源になる可能性があります。

 野良猫に餌を与える行為は,その命を大切に思う優しい気持ちからに違いないでしょう。しかし,管理が不十分ですと,その野良猫たちが,ご近所の苦情の原因になりかねません。地域でルールを決めて取り組むことで,改善につながるかもしれません。

 野良猫の苦情や問題は,即効性のある対処法が存在せず,一筋縄ではいかないものです。

 「まちねこ活動支援事業」が,ささやかながら力強い第一歩となると信じています。興味のある方,一度話を聞いてみたい方は,医療衛生センターまたは区役所・支所の医療衛生コーナーまでお問い合わせください。

まちねこ活動関連資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 医務衛生課
TEL:075-222-4271
FAX:075-222-3416

フッターナビゲーション