現在位置:

歩いて!!見て!!聞いて!! 深草トレイル ~つれづれ深草ぐるりん歩~

ページ番号105173

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年7月19日


大岩山展望所からの風景。伏見桃山城や,晴れた日には大阪のビル群まで見わたせます。



歩いて!!見て!!聞いて!! 深草トレイル ~つれづれ深草ぐるりん歩~

 

 京都伏見の深草地域は稲荷山の南麓に広がり,“うずらの里”と呼ばれるように,かつてはウズラが生息する自然あふれる土地でした。現在は開発が進みウズラは姿を消しましたが,まだまだ美しい竹林が残り,山野のところどころに四季折々の草花が見られ,各種の鳥や昆虫などが生息しています。数十万年前には深草が河原であったことを示す地層も残っています。また,深草は古都京都の東縁部に位置しており,多くの名所旧跡が散在する歴史の深い土地でもあります。

 この自然と歴史を地域の方々に再発見していただき,また地域外にもそれらを発信することを目的として,“深草トレイル”を整備しました。地域の有志が平成20年7月に深草トレイル整備事業実行委員会(平成21年7月に「ふかくさ自然環境再生ネットワーク推進委員会」に引継ぎ)を組織し,案内看板・解説看板・道標を設置し,散策マップを作成してきました。これらのイラストは伏見工業高校の産業デザイン科の生徒のみなさんが担当してくれました。深草トレイルの標語『つれづれ深草ぐるりん歩』には,「誰もが連れだって気軽に深草を歩き回ることによって深草のよさを知ってほしい」との願いが込められています。深草の自然と歴史を楽しんでください。

 

おすすめコース

~深草の歴史博士をめざして!!~ 歴史探訪コース(約3km 約2時間)

京阪伏見稲荷駅 ⇒ 伏見稲荷大社 ⇒ ぬりこべ地蔵 ⇒ 石峰寺 ⇒ 茶碗子の井 ⇒ 宝塔寺 

⇒ 瑞光寺 ⇒ 真宗院 ⇒ 嘉祥寺 ⇒ 十二帝陵 ⇒ 聖母女学院本館前 ⇒ 京阪藤森駅 

~野鳥の声を聴きながらリフレッシュ!!~ 自然探索コース(約5km 約2時間)

京阪藤森駅 ⇒ 聖母女学院本館前 ⇒ 十二帝陵 ⇒ 嘉祥寺 ⇒ 真宗院 

⇒ (田園風景が続く) ⇒ 完宗院 ⇒ 白菊の滝  ⇒ 弘法の滝 

⇒ (美しい竹林「竹之下道」を抜けて) ⇒ 伏見神宝神社 ⇒ 伏見稲荷大社 ⇒ 京阪伏見稲荷駅

~竹と花,緑の道 深草森の美術館~ 大岩山展望所コース(約7km 約3時間)

京阪藤森駅 ⇒ (神秘的な参道を登って) ⇒ 大岩神社 ⇒ 大岩山展望所 ⇒ 古御香宮

 ⇒ 仏国寺 ⇒ 八科峠 ⇒ 伏見北堀公園 ⇒ (伏見桃山城,明治天皇陵,乃木神社など,伏見桃山の各史跡を巡って) 

⇒JR藤森駅,京阪墨染駅,JR桃山駅,京阪伏見桃山駅,近鉄桃山御陵前駅

深草トレイルマップは,無料配布中!! 英語版も発行!

 深草トレイルマップは,深草支所 地域力推進室(まちづくり推進担当),伏見区役所,醍醐支所の窓口で無料配布しています。 また,京都総合観光案内所「京なび」(京都駅ビル2階,南北自由通路沿い),京都市河原町三条観光情報コーナー,京都館(東京都)にもありますので,窓口カウンターでお申し出ください。

~京都総合観光案内所,京都市河原町三条観光情報コーナー,京都館について~外部サイトへリンクします


深草トレイルマップ (A4,両面)


英語版 深草トレイルマップ (A4,両面)

歴史探訪コース,自然探訪コース,大岩山展望所コース(全コース)の概要マップはこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

英語版 深草トレイルマップはこちら

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

深草トレイル キャラクター 「がんちゃん」

もとは大岩山の取組を応援する「うずら」のキャラクター。伏見工業高校の生徒がデザインし,名前は64通の応募の中から「がんちゃん」と名づけられ,平成20年に誕生しました。現在は,「深草トレイル キャラクター」として活躍しています。

 



お問い合わせ先

京都市 伏見区役所深草支所地域力推進室まちづくり推進担当

電話:075-642-3203

ファックス:075-641-0672