現在位置:

動物(ブラジルバク・ホオアカトキ)の一般公開について

ページ番号27697

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2007年12月5日

広報資料

平成19年12月4日

文化市民局(動物園 TEL:771-0210)

動物(ブラジルバク・ホオアカトキ)の一般公開について

 この度,京都市動物園において,横浜市立よこはま動物園(ズーラシア)から借り受けたブラジルバクとホオアカトキの一般公開を始めます。

一般公開日 : 平成19年12月6日(木)

来園の目的 : ブリーディングローン(繁殖のための借受)のため

公開する動物について

  ブラジルバク (奇蹄目,バク科)

 体長約1.8m,体高約 1m,体重約 170kg の中型のバク。ブラジルを中心にアマゾン川流域の低地に広く分布しています。

ブラジルバク(ミノリ)

        愛称   :ミノリ
        生年月日:平成16年10月23日
        性別   :メス

 今年の3月に静岡県伊豆シャボテン公園から来園したオス(カルロス)と一緒にいる姿をご覧いただけます。

 

  ホオアカトキ (コウノトリ目,トキ科)

 全長70~80cm。体は緑色光沢のある黒で,嘴と脚は赤い。成長に伴って頭部の羽が抜け落ちて禿げ上がります。現在はトルコとモロッコなどに僅かに生息しているだけで,ワシントン条約の附属書Ⅰに掲載され,IUCN(国際自然保護連合)によって作成されたレッドリストでは絶滅寸前種に指定されています。
ホオアカトキ

 来園したのは5羽(オス2羽,メス3羽)で,すでに当園で飼育中の2羽(オス1羽,メス1羽)と一緒にご覧いただけます。

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室動物園

電話:075-771-0210

ファックス:075-752-1974