スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

ポールなどの支柱の安全管理について

ページ番号284480

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2021年5月17日

ポールなどの支柱の安全管理について

防球ネットの支柱の倒壊による死亡事故が発生しています。

万が一,人的被害がおこると,取り返しのつかない状況を招く恐れがあります。

所有されている敷地内に,防球ネットの支柱や照明灯,電気の引込み柱などのポール状の工作物がある場合は,定期的な安全点検を行ってください。

点検の内容

次のような点検が必要かと思われます。

 1 ポールの劣化(ひび割れ,欠け,腐食など)の目視点検

 2 ポールの傾きの目視点検

 3 ポールの変形(反り,曲がり,折れなど)の目視点検

点検して,倒壊などの恐れがある場合は…

必要な対策をとってください!

 1 倒壊の恐れがある場合は,立ち入り禁止にするなど,応急的な安全対策をおこなってください。

 2 必要に応じて,補修や撤去をおこなってください。

まずは,建物を設計された建築士事務所,建物の施工会社にご相談ください。

 

ポールなどの支柱の注意喚起文

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築安全推進課

電話:075-222-3613

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション