スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

<2>特定共同住宅(3階・15戸以上)の駐車場等の設置基準について

ページ番号243858

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年6月4日

特定共同住宅の駐車場等の設置基準(施行規則第12条)

特定共同住宅(3階以上かつ15戸以上の共同住宅)を建築する場合,自動車等の駐車場の設置について基準が設けられています。

1 自動車駐車場

特定共同住宅を建築する際には,居住者用駐車場及び来客用・サービス用の駐車場の設置が求められます。

公共交通機関の利便性の高い地区(※)においては,設置基準台数を2分の1にすることができます。

(※)公共交通機関の利便性の高い地区とは

・ 市バス循環系統路線内

北大路通,西大路通,九条通,東大路通の沿道から外側25mのラインに囲まれたエリア
  ・ 鉄道駅周辺地区 鉄道駅(年間を通じて運行していないものを除く。)から,500m以内のエリア

(1)居住者用駐車場

特定共同住宅の居住者が利用する駐車場です。

機械式駐車場とすることも可能ですが,駐車場の前面に5m×5m(一方通行であるときは2.5m×5m)の車路又は空地を設ける必要があります。(駐車場の出入口に門扉その他これに類する工作物を設置する場合も含みます。ただし,修景のために設置するものを除きます。)

自転車及び自動二輪車への振替が可能です。自動車1台につき,自転車10台又は自動二輪車4台に振り替えることができます。

自転車に振り替える場合,付置義務の台数を満たしたうえで,更に駐輪場を設置することになります。

居住者用駐車場の設置基準

区分

住戸の数

居住者用駐車場

現基準台数

公共交通機関の

利便性の高い地区内

第1種低層住居専用地域

第2種低層住居専用地域  

15又は16

3

2

17以上20以下

4

2

21以上24以下

5

3

25以上28以下

6

3

29

7

4

30以上49以下

住戸数×3/10

住戸数×1.5/10

50以上

住戸数×4/10

住戸数×2/10

第1種中高層住居専用地域

第2種中高層住居専用地域

第1種住居地域

第2種住居地域

準住居地域

準工業地域

工業地域

15又は16

2

1

17以上23以下

3

2

24以上28以下

4

2

29

5

3

30以上49以下

住戸数×2/10

住戸数×1/10

50以上

住戸数×3/10

住戸数×1.5/10

近隣商業地域 

商業地域

50以上

住戸数×2/10

住戸数×1/10

(2)来客用・サービス用駐車場

来客者が利用できる駐車場及び居住者への配達,居住者の送迎,その他役務の際に使用できる駐車場です。

機械式駐車場としないようにしてください。

来客用・サービス用駐車場の設置基準
住戸の数

公共交通機関の

利便性の高い地区

左記地区以外        

15~30

1台以上

(サービス駐車場と兼用)

1台以上

(サービス駐車場と兼用)

31~70

2台以上

(内サービス駐車場1台)

2台以上

(内サービス駐車場1台)

71~110

3台以上

(内サービス駐車場1台)

駐車場の設置基準について(印刷用)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2 自転車駐輪場

住戸の数以上の台数を自転車を駐車させることができる規模の施設を敷地内に設置してください。

3 自動二輪車・原動機付自転車駐輪場

中高層条例において,自動二輪車及び原動機付自転車の駐輪場の設置基準はありません。

想定される居住者の実情に応じて設置を検討してください。

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築指導課

電話:075-222-3620 【受付時間】午前8時45分~11時30分,午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション