スマートフォン表示用の情報をスキップ

広々とした空間的魅力の保全継承について

ページ番号114089

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年2月1日

広々とした空間的魅力の保全継承について

 現在の岡崎地域が有している,琵琶湖疏水や東山と調和した,自然豊かで広々とした空間を将来に保全継承していくために,現在の空間構成を基本として,以下の制限を定めます。

 

左上から順に,平安神宮,京都会館,京都市美術館別館,岡崎グラウンド,みやこめっせ,府立図書館,国立近代美術館,京都市美術館,京都市動物園,琵琶湖疏水

壁面の位置や建ぺい率等について

 地区計画によって,壁面の位置の制限(※1)を行い,原則,建築物を建てられない範囲を定めることにより,道路や琵琶湖疏水に面して,広々とした空間を確保します。

 また,地区計画によって,敷地面積の最低限度(※2)を定めるのに併せて,風致地区特別修景地域によって,街区ごとの建ぺい率(※3)や緑地率(※4)を現状に即して厳しく定めることにより,現状の広々とした空間の確保,豊かな緑の保全・創出を図ります。

 ※1 壁面の位置の制限:道路又は琵琶湖疏水から4メートル,10メートル又は15メートル以上

 ※2 敷地面積の最低限度:原則,4,000平方メートル以上

 ※3 街区ごとの建ぺい率:20%~40%

 ※4 街区ごとの緑地率:20%~35%

               ◆ 見直しを進めている都市計画等:地区計画,風致地区特別修景地域

自然豊かで広々とした空間を確保するイメージ図

建築物等の高さの最高限度について

 岡崎地域に根付いている文化・交流施設について,時代のニーズに合った機能更新を図り,今後も広く市民の皆様に使い続けていただくことによって,岡崎地域の広々とした空間的魅力を将来に保全継承していきます。

 このため,15メートルの高さ制限を基本として,地区計画によって,各施設の機能更新に必要とされる高さ()を,既存の建物の必要最小限の範囲において認めることとします。

  1)京都会館(現状約27.5メートル) → 20メートル及び31メートル

    2)京都国立近代美術館 及び 京都市美術館(現状約24.5及び22メートル) → 25メートル

    3)みやこめっせ 及び 府立図書館(いずれも現状約20メートル) → 20メートル

                        ◆ 見直しを進めている都市計画等:地区計画(高さ制限)

必要最小限の範囲で15メートルを超える高さ制限を定める範囲のイメージ図

お問い合わせ先

京都市 都市計画局都市企画部都市計画課

電話:075-222-3505 【受付時間】午前8時45分~11時30分、午後1時~3時 (事業者のみなさまからのお問い合わせは受付時間内でのご協力をお願いします。)

ファックス:075-222-3472

フッターナビゲーション