スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

被災建築物応急危険度判定制度

ページ番号75883

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年12月4日

被災建築物応急危険度判定は,大地震により被災した建築物を調査し,その後に発生する余震などによる危険性を判定することにより,市民の安全の確保を図り,二次的災害を防止することを目的としています。

  地震被災建築物応急危険度判定について (京都府)外部サイトへリンクします

お問い合わせ先

京都市 都市計画局建築指導部建築安全推進課

電話:075-222-3613

ファックス:075-212-3657

フッターナビゲーション