スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市文化的景観保存・活用委員会

ページ番号213979

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年1月31日

審議会等名

京都市文化的景観保存・活用委員会

設置根拠法令等

京都市文化的景観保存・活用委員会規則

設置年月日

平成28年3月3日(木曜日)

担当する事項

平成16年の文化財保護法一部改正に伴って始まった新しい文化財保護の仕組みである「文化的景観」について,本市における選定・保護・活用の重要事項を教育委員会の諮問に応じて審議し,教育委員会に対して意見を述べる。

委員数

5名

委員構成

学識

公開・非公開の別

公開

担当課(室)

文化市民局・文化芸術都市推進室・文化財保護課

委員名簿(委員一覧)

小浦 久子(神戸芸術工科大学教授教授/都市計画)
清水 重敦(京都工芸繊維大学教授/日本建築史,文化財保存学)
下坂 守 (京都国立博物館名誉館員/日本史)
髙橋 康夫(花園大学教授/建築史)
深町 加津枝(京都大学准教授/景観生態学)
【五十音順】

お問い合わせ先

京都市 文化市民局文化芸術都市推進室文化財保護課

〒604-8006 京都市中京区河原町通御池下る下丸屋町394 Y・J・Kビル 2階

電話:075-366-1498

ファックス:075-213-3366

フッターナビゲーション