スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

世界子ども絵画コンテストの作品募集-第19回世界歴史都市会議 ユースプログラム-

ページ番号329857

2024年7月11日

 令和6年11月にスロベニア共和国のリュブリャナ市で開催される第19回世界歴史都市会議のユースプログラム「世界子ども絵画コンテスト」への出展作品を募集します。本コンテストは、歴史や伝統を未来へ受け継ぐ子どもたちが、自国の文化や世界に関心を向け、相互理解と文化交流を促進することを目的に実施されます。京都市の歴史遺産や伝統行事を題材にした、個性豊かな絵画作品の応募を多数お待ちしています。

1 作品テーマ

「歴史を守り 未来を想像する」

2 募集期限

令和6年9月10日(火曜日)

3 応募資格

小学1年生~中学3年生(京都市内に在住又は市内の学校に在籍)

4 作品規格

サイズ:A3 又は 八切(縦横自由)

画 材:自由(水彩、油絵、色鉛筆、版画など)

 

5 応募方法

応募用紙と作品を下記住所まで持参又は郵送   ※1人1点

<提出先> 世界歴史都市連盟事務局(京都市総合企画局国際交流・共生推進室)

〒604-8571 京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地

 

6 作品展示等

  • 京都市が設置する選定委員会において、応募作品の中から10点を選定のうえ、市役所(予定)で展示するとともに、京都市のホームページに掲載します。
  • 上記選定作品のうち1点が京都市代表作品としてリュブリャナ市に提出され、世界各都市の代表作品とともに、会議の会場で展示されます。また、同市が開設している第19回世界歴史都市会議のホームページでも掲載されます。
  • 京都市代表作品に選定された応募者には、後日、リュブリャナ市から記念品が贈られます。

<参考> 

【世界歴史都市連盟】

 歴史都市が直面する課題の解決に向けた都市間ネットワークの構築のため、1994年に設立された自治体組織。令和6年7月現在、131都市(65箇国・地域)が加盟する。文化遺産の保護と再生に向けた取組施策の共有や交流の促進のため、原則2年に1度、世界歴史都市会議を開催している。設立以来、京都市が事務局と会長都市を務めてきた。

連盟公式ウェブサイト外部サイトへリンクします(英文)

【第19回世界歴史都市会議の概要】

⑴ 開催期間

令和6年11月12日~14日

⑵ 会  場

センターログ(リュブリャナ市)

⑶ 会議テーマ

「持続可能な都市モビリティによる活気ある歩きやすい市街地づくり」

⑷ リュブリャナ市について

 スロベニア共和国の首都であり、最大の都市。かつては神聖ローマ帝国やオーストリア=ハンガリー帝国に支配されながらも繁栄し、現在ではスロベニアの政治、経済の中心として発展を続けている。丘の上に立つリュブリャナ城や、赤瓦の屋根が折り重なる旧市街、ピンク色のフランシスコ教会などの名所を有する美しい古都である。

 リュブリャナ市では、市街地への自動車での乗入れが厳しく制限され、代わりに、無料の公共電気自動車やシェア・サイクルシステム等の都市モビリティが発達している。2007年から取組を始め、今日まで市民生活の質を維持しながら歴史的景観を保持してきた。2016年には、これまでの功績が称えられ“欧州グリーン首都賞”を受賞。また、市内各所に、スロベニアの偉大な世界的建築家であり都市計画家でもあるヨジェ・プレチニックの建築物が残されており、街全体に調和をもたらしている。


<リュブリャナ市>


<公共電気自動車「カワリール」>

報道発表資料

発表日

令和6年7月11日

担当課

総合企画局国際交流・共生推進室(電話222-3072)

報道発表資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は、今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際交流・共生推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055

フッターナビゲーション