スマートフォン表示用の情報をスキップ

フィレンツェ プッチーノ像

ページ番号98727

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年7月31日

プッチーノ像(イルカを持った天使)

プッチーノ像

設置日

昭和44年(1969年)1月

 

形状

  • 全長(地上高) 330cm
  • 像   高さ 70cm, ブロンズ製, インクララック塗装(公害防止のため)
  • 円柱台石 地上から260cm 庵治石(あじせき)
  • 噴水池   水面直径 190cm
  • 噴水口   プッチーノに抱かれたイルカの口と台座の4ヶ所から噴水

 

由来

 アンドレア・ベロッキオ(1436年~1488年)の作で,原作はフィレンツェ市役所の中庭にあり,「客を招待し,歓迎する」という意味を持っているといわれており,フィレンツェ市民からまちの守護神として愛され,親しまれている。プッチ-ノ像(イルカを持った天使)の製作年代ははっきりしていないが,15世紀中期の作品で寄贈を受けたものはそのコピーである。

 作者はルネッサンス初期のドナテロに従事し,鋳金で名をあげた人物である。

 

設置場所

市役所前広場

 

お問い合わせ先

京都市 総合企画局国際化推進室

電話:075-222-3072

ファックス:075-222-3055

フッターナビゲーション