スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

(市役所の仕事とみんなのくらし 2)ごみ

ページ番号98323

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2020年4月1日


ごみを燃やして処理したり、ごみを減らしてリサイクルを進める仕事


 「袋(ふくろ)をきっちり結(むす)んでから捨(す)てないといけないな」
お父さんは、毎週2回、町内の決(き)められた場所(ばしょ)に、ごみ袋(ぶくろ)を出しています。

市役所(しやくしょ)は、このごみを集(あつ)め、燃(も)やして処理(しょり)する仕事(しごと)や、ごみを減(へ)らしてリサイクルする仕事(しごと)をしています。

 まず、ごみの出し方を知っておきましょう。
 生ごみやプラスチック、紙やガラスなど、家庭(かてい)の毎日の暮(く)らしの中で出るごみを「家庭(かてい)ごみ」といいます。この家庭(かてい)ごみは、京都市(きょうとし)が定(さだ)める黄色いごみ袋(ぶくろ)に入れ、週に2回決(き)められた場所(ばしょ)に出します。
 かん・びん・ペットボトルなど、リサイクルできるものは「資源(しげん)ごみ」といいます。これは、京都市(きょうとし)が定(さだ)める透明(とうめい)のごみ袋(ぶくろ)に入れて、週に1回決(き)められた場所(ばしょ)に出します。
 そのほか、小型金属類(こがたきんぞくるい)や大型(おおがた)ごみなど、ごみの種類(しゅるい)によって出し方が決(き)められています。

  • 家庭ごみ用袋
  • 資源ごみ用袋

 では、ごみは集(あつ)められてどこへ行くのでしょうか。家庭(かてい)ごみの場合、ごみ収集車(しゅうしゅうしゃ)がやってきて、ごみを集(あつ)めます。車が向(む)かう先は「クリーンセンター」です。クリーンセンターでは、集(あつ)められたごみを燃(も)やし、灰(はい)にしています。
 この灰(はい)や土と、燃(も)えないごみとを交互(こうご)に重(かさ)ねて土地をうめ立て、平(たい)らにしたところに公園を作ったりします。

  • ごみの収集
  • 南部クリーンセンター

 また、市役所(しやくしょ)は、ごみを減(へ)らし、リサイクルを進(すす)める仕事(しごと)もしています。たとえば、かん・びん・ペットボトルを集(あつ)めてガラスやアルミの原料(げんりょう)に作り変(か)えたり、てんぷら油(あぶら)を集(あつ)めて、車の燃料(ねんりょう)(バイオ・ディーゼルオイル)に作り変(か)えたりしています。紙パックや乾電池(かんでんち)のリサイクルもしています。

 

クリーンセンターでは、ごみを燃やすときに出る熱を発電に使っているよ。
その電気で、温水プールの水を温めたりしているんだよ。
上にもどる

  • 前のページへもどる
  • トップページへもどる

フッターナビゲーション