スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

(市役所の仕事とみんなのくらし 3)区役所

ページ番号98321

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年7月14日


区役所の仕事


お母さんは、区役所(くやくしょ)で住民票(じゅうみんひょう)を発行(はっこう)してもらいました。お母さんが自動車(じどうしゃ)の免許(めんきょ)をとるときに、住民票(じゅうみんひょう)が必要(ひつよう)なのです。また、3歳(さい)になったかえでちゃんの成長(せいちょう)の様子(ようす)を見てもらう「3歳児健診(さんさいじけんしん)」にもやってきました。

 区役所(くやくしょ)では、市民(しみん)の皆(みな)さんに、色々(いろいろ)な書類(しょるい)を発行(はっこう)したり、問(と)い合わせに答えたり、相談(そうだん)に乗(の)ったりする仕事(しごと)をしています。市役所(しやくしょ)の仕事(しごと)の中でも、直接(ちょくせつ)市民(しみん)の皆(みな)さんとやりとりすることが多い仕事(しごと)です。
 では、区役所(くやくしょ)でしている仕事(しごと)をもう少しくわしく見てみましょう。

 

戸(こ)せきや住民基本台帳(じゅうみんきほんだいちょう)などに関(かん)する仕事(しごと)

窓口での手続き


 戸(こ)せきというのは、その人が日本人であり、その人が誰(だれ)と親子かなどの家族関係(かぞくかんけい)を記録(きろく)したものです。また、住民基本台帳(じゅうみんきほんだいちょう)というのは、その人の住所(じゅうしょ)を記録(きろく)したものです。結婚(けっこん)したり子どもが生まれたり、引っこしをしたりして、戸(こ)せきや住民基本台帳(じゅうみんきほんだいちょう)に書いてある内容(ないよう)に変更(へんこう)があったり、新しく記録(きろく)しなければいけないときは、区役所(くやくしょ)で手続(てつづき)をして記録(きろく)します。また、その内容(ないよう)を示(しめ)す書類(しょるい)の発行(はっこう)もしています。

税金(ぜいきん)などに関(かん)する仕事(しごと)

 収入(しゅうにゅう)のある市民(しみん)には、市民税(しみんぜい)という税金(ぜいきん)がかかります。また、家や土地にも税金(ぜいきん)がかかっています。これらの税金(ぜいきん)の額(がく)を計算してお知らせします。ほかには、税金(ぜいきん)についての相談(そうだん)に乗(の)ったり、決(き)められた税金(ぜいきん)を納(おさ)めない場合は、きちんと納(おさ)めるように働(はたら)きかけたりします。

 

福祉(ふくし)に関(かん)する仕事(しごと)

 福祉(ふくし)というのは、みんなが幸(しあわ)せで安心(あんしん)して暮(く)らせることをいいます。お年寄(としよ)り、障害(しょうがい)のある人たち、暮(く)らしに困(こま)っている人たちなどが、安心(あんしん)して暮(く)らせるように、相談(そうだん)に乗(の)ったり、援助(えんじょ)したりして生活を支(ささ)える仕事(しごと)などをしています。

 

保健(ほけん)に関(かん)する仕事(しごと)

 保健(ほけん)とは、みんなの健康(けんこう)を守(まも)ることをいいます。健康(けんこう)についての相談(そうだん)に乗(の)ったり、健診(けんしん)をしたり、病気(びょうき)を予防(よぼう)したり、健康(けんこう)について知ってもらう仕事(しごと)をしています。また、清潔(せいけつ)な環境(かんきょう)を守(まも)ったり、食べ物(たべもの)の安全(あんぜん)を守(まも)る仕事(しごと)もしています。


人々(ひとびと)の交流(こうりゅう)やまちを盛(も)り上げる仕事(しごと)

区役所が行う交流イベント


 地域(ちいき)の文化(ぶんか)やスポーツを活発(かっぱつ)にしたり、地域(ちいき)の人たちが交流(こうりゅう)するイベントなどをしています。また、地域(ちいき)の代表(だいひょう)の人とまちをよくする方法(ほうほう)について考えたり、地域(ちいき)の要望(ようぼう)を聞いたりもします。


区役所は、みんなが住んでいるそれぞれの区にあるよ。
広い区役所には、区役所と支所(仕事の内容は区役所とほとんど同じ)が置かれているよ。
上にもどる

  • 前のページへもどる
  • トップページへもどる

フッターナビゲーション