スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

(市役所の仕事とみんなのくらし 8)税金

ページ番号98276

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2022年7月15日


税金の額を決めたり、集めたりする仕事


お父さん「今年度(こんねんど)の納税(のうぜい)通知書だな」
 さくらちゃん「納税(のうぜい)通知書ってなに?」
 「はらわなければいけない税金(ぜいきん)の金額(きんがく)を、この納税(のうぜい)通知書で知らせてくれるんだ」



 まず、「税金(ぜいきん)」というのは、みんなの暮(く)らしを支(ささ)えているサービスや社会に役立(やくだ)つことに使(つか)われるお金のことです。
 たとえば、学校を作ったり、道路(どうろ)や公園(こうえん)を作ったり、ごみの処理(しょり)をしたり、消防(しょうぼう)や救急(きゅうきゅう)の仕事(しごと)のために使(つか)われています。


 税金(ぜいきん)には、たくさんの種類(しゅるい)があり、国に納(おさ)めるものや府(ふ)に納(おさ)めるもの、市に納(おさ)めるものがあります。そのうち、市に納(おさ)める税金(ぜいきん)には、次(つぎ)のようなものがあります。

・個人市民税(こじんしみんぜい)(市民(しみん)一人一人の収入(しゅうにゅう)にかかる税(ぜい))
・法人市民税(ほうじんしみんぜい)(会社などにかかる税(ぜい))
・固定資産税(こていしさんぜい)・都市計画税(としけいかくぜい)(家や土地にかかる税(ぜい))
・軽自動車税(種別割)(けいじどうしゃぜい(しゅべつわり))(軽自動車(けいじどうしゃ)にかかる税(ぜい))
・市(し)たばこ税(ぜい)(たばこにかかる税(ぜい))
・事業所税(じぎょうしょぜい)(大きな店や工場などにかかる税(ぜい))

 では、市役所(しやくしょ)では、どのような仕事(しごと)をしているのでしょうか。具体的(ぐたいてき)には、「税金(ぜいきん)の金額(きんがく)を計算して、お知らせする仕事(しごと)」「税金(ぜいきん)について相談(そうだん)にのる仕事(しごと)」「税金(ぜいきん)がきちんと納(おさ)められるようにチェックしたり、納(おさ)めてもらえない場合は、税金(ぜいきん)を集(あつ)めに行ったりする仕事(しごと)」をしています。

納められた税金は、サービスとなってかえってくるんだね。
こんなにたくさん税金があるなんて知らなかった!
上にもどる

  • 前のページへもどる
  • トップページへもどる

フッターナビゲーション